夫の無神経な言葉にいつも傷ついてる。私は取り繕うのがうまいだけ「離婚してもいいですか 翔子の場合」(2)

#くらし 
誰が見ても「幸せな家族」。 それが逆に、孤独感を募らせます…


子どもの前では夫を立てる妻。

夫の前ではいつもニコニコ。

外から見たら「みんな仲良し」。

でも、本当は――「私は夫が大キライ」。

夫の好物を作り、帰りが遅くても夫を待ち、夫に点数をつけられながら食べる夕食。

辛いのは、この違和感に気づいているのは自分だけ。

家族も他人も、誰もこの辛さを分かってくれる人はいない…。

雑誌『レタスクラブ』での大好評連載&ネットで話題となったコミックエッセイ『離婚してもいいですか? 翔子の場合』を12話まで特別公開!

今回は第2話です!

この記事に共感したら

Information

『離婚してもいいですか』▶掲載話一覧はこちら

Kindle版はこちら『離婚してもいいですか? 翔子の場合』

▼amazon▼

▼楽天ブックス▼

▼楽天ブックス電子▼

私は、夫が大嫌い。

小さな頃から控えめで、自分に自信を持てないでいる主婦・翔子。
いつの間にか、夫の顔色を伺いながら生活するようになってしまった。

夫も子供もいるのに寂しい。
そんな気持ちを抱きながら日々を過ごしている翔子だが、
今の現状を招いたのは幼いころの自分に原因があるのがわかり…?

『レタスクラブ』連載で賛否を呼んだ話題作!

▼Kindle版で読む


おすすめ読みもの(PR)