なんにもしてくれなくなった夫と、機嫌をとるようになった私「離婚してもいいですか 翔子の場合」(6)

#くらし 
専業主婦を選んだら、何も手伝ってもらえないの?


夫が不機嫌になると、ひたすら無視される


私は夫に反論してはいけない


著=野原広子

家族のために、自分の心を殺して反論しない。

こんな表面的な平和は、きっと長くは続きません。

でも、読者さんの中にも「自分が我慢すればいい、と思っていた」「子どもが小さいうちは…と我慢していた」という声が。

夫婦って、家族って、何だろう?

この記事に共感したら

Information

『離婚してもいいですか』▶掲載話一覧はこちら

Kindle版はこちら『離婚してもいいですか? 翔子の場合』

▼amazon▼

▼楽天ブックス▼

▼楽天ブックス電子▼

私は、夫が大嫌い。

小さな頃から控えめで、自分に自信を持てないでいる主婦・翔子。
いつの間にか、夫の顔色を伺いながら生活するようになってしまった。

夫も子供もいるのに寂しい。
そんな気持ちを抱きながら日々を過ごしている翔子だが、
今の現状を招いたのは幼いころの自分に原因があるのがわかり…?

『レタスクラブ』連載で賛否を呼んだ話題作!

▼Kindle版で読む


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //