コンドームと男好きの母親 母親に捨てられて残された子どもの話(4)

#くらし 
【画像を見る】私は母親に捨てられた


母親がおらず、父親と祖母の三人暮らしな主人公・ゆきは、家庭のぬくもりなどない家の中でいつもひとり孤独。しかしある日、祖母の勘違いから母に関する衝撃の事実を知らされて……。

家庭の中で宙ぶらりんのまま愛情を知らずに育った子どもの、葛藤と成長を描いたコミックエッセイ「母親に捨てられて残された子どもの話」を、5回連載でお届けします。今回は第4回です。

この記事に共感したら

Information

『母親に捨てられて残された子どもの話』▶掲載話一覧はこちら

Kindle版はこちら『母親に捨てられて残された子どもの話』

▼amazon▼

▼楽天ブックス▼

▼楽天ブックス電子▼

愛が欲しくて、私は何度も傷ついた。
私がいなくなったって誰も悲しまない。

母親がおらず、家庭のぬくもりなどない家の中で、いつもひとり孤独だった主人公のゆき。
中学3年生になったゆきは、初潮を迎えたことで徐々に母親に想いを馳せるようになり…?

母親というよすがを失い、愛情を知らずに育った子どもの、葛藤と成長を描いたコミックエッセイ。

▼Kindle版で読む


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //