許せない! 自分の中のドス黒い感情に気づいた日 ママ友がこわい(12)

#育児・子育て 
孤独や怒りが蓄積されて、いつしか「憎しみ」に変わってしまい…。


性格も経歴も、夫の収入も異なるけれど、偶然子どもが同級生。

悩みや辛さも分かり合える気がしたのに、一体どうしてこんなことに…。

些細なきっかけで、仲良しだったママ友から無視や嫌がらせを受けるようになった主人公。

自分はこんなに苦しいのに、あの人だけ笑ってるなんて許せない! 湧き上がる感情に彼女は…。

女だけの小さな世界で起こる「いい大人」同士のいじめトラブルを赤裸々に描いたセミフィクションコミックエッセイ『ママ友がこわい』。

「えげつないけどリアル」と話題を席巻した問題作を、第14回まで公開します。今回はその第12回です。

この記事に共感したら

Information

『ママ友がこわい』▶掲載話一覧はこちら

『ママ友がこわい』
仲間だとおもっていたママ友から、気が付かないうちにハブられていた主人公。
ママであることは楽しくて幸せなはずなのに、なんでこんなに孤独で不安でしんどいの?

▼楽天ブックス▼
▼楽天ブックス電子版▼
▼amazon Kindle版▼

野原広子
神奈川生まれ。コミックエッセイプチ大賞受賞。出産を機に、フリーのイラストレーターとして活躍。山登りが好き。著作に『娘が学校に行きません』『ママ、今日からパートに出ます!』『離婚してもいいですか?』(KADOKAWA)など。


おすすめ読みもの(PR)