美容の達人が伝授!「うるおいキープ洗顔&乾燥対策法」

このシーズン、肌のトラブルに見舞われる人は多いよう。「化粧品でケアするだけでなく、生活習慣を変えていくことも大切です」と、美容の達人・小西さやかさん。たとえば、洗顔もその一つ。小西さんに正しい洗顔法と、乾燥時のレスキュー法を教えてもらいました。

【洗顔はたっぷりの泡で肌を包み込むように】

朝の洗顔は、寝ている間に出た皮脂を洗い流す感覚で。皮脂はお湯だけでは落ちないので、Tゾーンだけでも洗浄料を使いましょう。細かくよく泡立て、泡で肌を包み込むようにやさしく洗います」。ネットを使って泡立てる場合は、まずぬらした手のひらに石けんをつけ、その手にネットをのせて泡立てます。細かい泡ほど肌にやさしい。ネットの中に石けんを入れてこすると、肌が乾燥しやすくなってしまうので注意を。

【「押し込み乳液」で乾燥対策】

肌の乾燥が特に気になるときは、化粧水をつけずに乳液をたっぷり肌にのせ、下から上にらせん状にやさしくマッサージ。肌に押し込むようになじませるとしっとり感がアップ。小ジワ対策にも。

毎日の洗顔&スキンケアを見直すだけで、肌のうるおいがキープできるはず!【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】