目がよくても欲しくなる!リサ・ラーソン×zoffのメガネ

季節が変わると化粧品を変えたり洋服の衣替えをするが、メガネはどうだろうか? 今や視力が悪くない人もおしゃれアイテムのひとつとして取り入れているメガネ。今回はかわいらしいデザインの新製品をご紹介しよう。

スウェーデンの陶芸家リサ・ラーソンさんが描きだす、ちょっとクセのあるかわいい雰囲気の動物は世界中の人々から愛されている。そのリサ・ラーソンさんと株式会社インターメスティックが展開するメガネブランド「zoff(ゾフ)」のコラボが始まる。

その名も「Zoff meets LISA LARSON “FRIENDS SERIES”」。この企画の第一弾としてキュートなキャラクターがプリントされた「フレンズシリーズ」が2016年12月9日より、全国にあるzoff店舗(アウトレットを除く)で発売される。オンラインストアでは、11月18日から一足早く予約が開始されている。

フレンズシリーズでは、フレーム3型 全12色 7000円(税別・標準レンズ込)とメガネケース4種1,200円(税別)が販売される。フレームは、少し大き目でだてメガネにも使える「ウェリントン」、知的に見える「スクエア」、日本人に合いやすい「オーバル」の3つの形から選ぶことが可能。

フレームにはこのコラボのために特別に描かれた「メガネマイキー」のソフトメガネケースとメガネ拭きがセットでついてくるのもうれしい! ハードケースが欲しい方には、別売りのメガネケースがおすすめだ。

テンプルの表には愛らしいキャラクター、裏にはドットやボーダーと机に置いている時でもかわいい! メガネを買い替えようとお悩みの方も、だてメガネが欲しい方も。今回のコラボメガネをチェックしてみてはいかが? 【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】