もう「冷え」に悩まない!保温力アップする「服の着方」をドクターから教わった
首から足元まで、服の着方ひとつで保温できるポイントはいっぱい!

寒いからといって、厚手の服を何枚も着こんでいませんか? 洋服で体を温めるには「薄手のものを重ね、服と服の間に空気の層を作ることが大切です」と、「冷え」解消のエキスパート、石原新菜先生。では、具体的に体のどこをどう保温すればいいか、詳しく教えてもらいました。

【こまめに脱ぎ着して体温調節を】

●服は薄手のものを重ねる。いちばん上は脱ぎ着しやすいベストで

暖房が行き届き、気密性が高い最近の住宅では、衣服を着込み過ぎるとのぼせてしまいます。薄手のものを何枚か重ね着し、すぐに脱げるようにしておきましょう。袖のないベストは温度調節しやすく、動きやすくて ◎。

●首まわりはスカーフやマフラーで冷気をシャットダウン

首を保温すると、血液が温まるだけでなく、のどの粘膜にある「繊毛」という組織を活性化します。繊毛は細かい毛のような形状で、ウイルスなどの異物を捕らえ、体内への侵入を防ぐので、抵抗力の強化にもなります。

●肩凝りは貼るカイロで緩和

肩凝りは、厚着をするよりもピンポイントで温めるほうが効果的。肌着や服の上から、肩に貼るタイプのミニカイロを貼ります。 30分~ 1時間で、血行促進に。 ※長時間貼り続けると、低温やけどのおそれがあるので注意を。

●おなかは必ず腹巻きでガード

おなかや背中などの中心部が冷えると、体は末端の熱を中央に集結させ、内臓を優先的に温めようとするため、手足の血行が悪くなります。そのため、冷えを感じやすくなることも。できれば通年、特にこの時期は腹巻きで温めて。

●袖口のすぼまった服で保温力をアップ

服選びのときに意識することが少ない「袖口」ですが、すぼまったもののほうが、保温性は高め。袖口があいているとそこから冷気が入り、知らないうちに体を冷やしてしまうのです。手首につける「手首ウォーマー」も効果的。

●地面から上がってくる冷気をブーツやソックスでカット

体の末端にあり、地面の冷気とじかに接する足は、体の中でも特に冷えやすい部分。必ず靴下を履きましょう。冷えやすい人は、発熱タイプのタイツ、レッグウォーマーもおすすめ。外出時はブーツでしっかり保温しましょう。

早速実行して、「冷え」にさよならを!【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】