インフルエンザを寄せつけない!免疫力アップの食事のコツは?
善玉菌で腸の調子を整え、免疫力をアップ!

この冬、猛威をふるっているインフルエンザ。対策には、寒さによる「冬バテ」を防ぎ、日々の体のケアに注意することが大切。中でも食事は重要です。どんな点に気をつければよいか、池袋大谷クリニック院長の大谷義夫先生に教えてもらいました。

【善玉菌で腸の調子を整えて】

腸には体の免疫細胞の約7割が存在するので、腸の調子を整えることで、免疫力が上がるといわれています。善玉菌を多く含む食品を食べることで、腸内細菌のバランスがよくなるので、ヨーグルトやチーズ、漬物、みそなどを毎日食べましょう。食事でとれないときはサプリメントを活用しても。

【バランスのよい食事の中に大豆イソフラボンを意識して】

食事は肉、魚介、卵、豆腐などの主菜に、野菜の副菜、汁物を合わせた献立にし、栄養のバランスをよくして。また、女性ホルモンのエストロゲンがインフルエンザを防御するというデータがあるので、エストロゲンに似た作用を有する大豆イソフラボンを多く含む納豆、豆腐、豆乳などを食べるのもおすすめ。参考:「American Journal of Physiology-Lung Cellular and Molecular Physiology」

ポイントは“善玉菌”と“大豆イソフラボン”にあり!【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】