【夕飯レシピ】たっぷり野菜で免疫力アップ!正月疲れにおすすめな「ほうれん草と大根の麻婆煮」 画像(1/4) ご飯や麺にのせてもおいしい、うま辛味

お正月の暴飲暴食や遊び過ぎで体も肌も疲れぎみ……という人も多いのでは? ビタミンたっぷりの旬野菜を食べて、元気をチャージしましょう。とろみのある、うま辛味なのでご飯や麺にかけても◎! しょうがやにんにくで体もポカポカ、疲れも風邪も吹き飛びます。


【ほうれん草と大根の麻婆煮】(1人分312Kcal、塩分2.7g、調理時間15分)


<材料・2人分>豚ひき肉150g、ほうれん草1わ、大根200g、しょうがのみじん切り1かけ分、にんにくのみじん切り1片分、長ねぎのみじん切り1/2本分、豆板醤(トウバンジャン)小さじ1、合わせ調味料(酒大さじ2、砂糖・しょうゆ各大さじ1、とりガラスープの素小さじ1、水1 1/2カップ)、水溶き片栗粉(片栗粉大さじ1、水大さじ2)、サラダ油、こしょう


<作り方>

1.ほうれん草はゆでて水けを絞り、4cm長さに切る。大根は6cm長さ、1cm四方の棒状に切る。

2.フライパンに油大さじ1を弱火で熱し、しょうが、にんにく、豆板醤を入れて炒める。香りが立ったら、ひき肉、こしょう少々を加えて中火でさらに炒める。肉の色が変わり、ぽろぽろになったら、大根を加えてさっと炒め合わせ、合わせ調味料を加えて約5分煮る。

3.ほうれん草、ねぎを加えてさっと炒め合わせ、火を止める。水溶き片栗粉を回し入れ、再び中火にかけて全体を混ぜ合わせながら、とろみがつくまで炒め煮にする。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】