ちょっぴり不思議な「アルパカ」の赤ちゃん、ポヨふわで見るだけで幸せに!

くびが長くてモッフモフ。「かわいい!」というより、「何だか不思議?」という気持ちをくすぐられる偶蹄目ラクダ科の「アルパカ」ですが、その「赤ちゃん」を見たことはある? 

全体的にミニサイズになっているのか、首の長さはどれくらいなのか……。そんな疑問は、和歌山県のアドベンチャーワールドで解決! 


先月30日に、待望の赤ちゃんが生まれ、12月16日より公開の運びとなったアドベンチャーワールド。ここでアルパカの赤ちゃんが生まれるのは2回目とのことで、アルパカのママは、落ち着いた様子でベビーアルパカのお世話をしているとのだとか。

いち早く写真で公開された赤ちゃんアルパカは、いかにもな繊細なポヨポヨなフワ毛! 無条件で幸せになれてしまう、動物の赤ちゃんは、写真で見ても直接見ても、気持ちがウキウキするクリスマスシーズンをさらに盛り上げてくれそう。

なお子どもたちのアツいまなざしが注がれるEテレの子供番組にも、アルパカが登場する超有名な体操があるから、アルパカって何? なんて質問が飛んでくる可能性の大きいママたちも、赤ちゃんまでしっかり目撃しておけばひと安心? まずはアルパカママへのお祝いの気持ちを込めて、写真をぜひご覧あれ。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】