プロに教わる「大掃除ワザ」。身近な道具でガス台の五徳がきれいに!
頑固な汚れも、あらかじめ重曹でつけ置き→汚れを緩めておけば、古歯ブラシでこするだけでラクに落ちる!

ガス台を使うたびに気になる五徳の汚れ。大掃除で油汚れや焦げ汚れをすっきり落としておきたい!とは思っても、敵は手ごわそうで……。「頑固な汚れは、あらかじめ緩めておくのがポイント」と教えてくれたのは、家事のプロ・高橋ゆきさん。緩めたあとは身近なグッズが役立つそうです。

【五徳は古い歯ブラシかナイロンタオルでこする】

まずは、汚れをいきなりゴシゴシするのではなく、大きめのビニール袋に42~45℃の湯と重曹を入れてかき混ぜた液に、五徳を入れて15~30分つけ置きしておきます。これで、こびりついていた油汚れや焦げ汚れが緩みます。あとは古い歯ブラシでゴシゴシこすって落としていけばOK。汚れ面が広い場合は、古いナイロンタオルを使っても。あとは流水ですすいで終了。

●古いナイロンタオルも便利!

ナイロン製のボディタオルは、表面の凹凸が汚れ落としに最適。使い古したものがあれば、3~4等分にカットして掃除に役立てて。

歯ブラシもボディタオルも捨てる前に掃除に使ってエコ!【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】