とうとうふりかけにも乳酸菌が登場!おいしいだけじゃない健康ふりかけ

普段、何気なく使っているふりかけですが、新たな切り口の商品が出ていることをご存知ですか? 

丸美屋食品工業株式会社は、新商品の「乳酸菌ふりかけ(かつお野菜/しらす小魚)」を2017年1月26日から発売します。価格は180円(税抜)。

丸美屋といえば、ふりかけの代名詞的存在「のりたま」をはじめ、「味道楽」、「すきやき」といったロングセラーふりかけでおなじみ。そんな丸美屋が今回、世の中の健康ニーズに対応した「乳酸菌ふりかけ」を新たに開発しました。

「乳酸菌ふりかけ」1袋には、約7500億個の乳酸菌(EC-12)が配合されています。丸美屋食品によると、EC-12には花粉症軽減、、整腸効果、免疫調整、抗アレルギーなどのエビデンスが豊富。「乳酸菌ふりかけ」を1日3食分(9g)摂取することで、体の免疫活発化が期待できるそうです。さらに今回は、「カルシウム」と「鉄分」も強化されています。

気になるラインアップは2種類。「かつお野菜」は、にんじん、ほうれん草、かぼちゃなどの野菜フレーク入り。彩りが鮮やかでお弁当にもぴったり。「しらす小魚」は、フリーズドライのしらすや小魚の顆粒入り。風味豊かで甘辛いふりかけは、大人の食卓にも常備したくなる逸品です。

家族みんなが大好きなふりかけ。これからは、「おいしい」に「健康」をプラスした「乳酸菌ふりかけ」にしませんか。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】