世界初!いちごに合わせるために生まれた日本酒とは?

スーパーで見かけるいちごの種類も多くなってきた今日このごろ。今回は、そんないちごと相性抜群な日本酒をご紹介します。

株式会社秋田ことづくりの日本酒定期購入サービス「Fruitreat(フルートリート)」は、いちごとマリアージュを楽しむ「いちご専用日本酒」の販売を開始しました。 フルートリートは、秋田で収穫した旬の果物と、その果物に合う日本酒をセットにして定期配送する日本初のサービスです。秋田県が開催するビジネスコンテストで金賞を受賞し、2016年にサービスをスタートしました。

今回販売される「いちご専用日本酒」は、フルートリートと秋田県横手市の「天の戸」浅舞酒造が開発。「天の戸」は、全国新酒鑑評会で5年連続金賞を受賞した秋田の代表的な蔵元です。「いちご専用日本酒」は、クリーミーな米の味わいでシャンパンのような発泡という魅力的なお酒に仕上がりました。甘酸っぱい完熟いちごと合わせると、まるで大人の「いちごミルク」のような味わいが楽しめるそう。

「秋田県産完熟いちご+いちご専用日本酒セット」の価格は5400円(送料・税込)で、育成状況を鑑みて1月中旬より順次発送されます。同じ秋田の土と水に育まれた「いちご」と「日本酒」は、相性抜群! 贈り物にもピッタリですね。自宅で手軽に楽しみたい方には、「いちご専用日本酒 ミニボトル3本セット」3240円(送料・税込)もおすすめです。

1〜2月はフレッシュな新酒の季節。いちごもこれから春にかけてがまさに旬。今しか味わえない「いちご」と「日本酒」のマリアージュで、フレッシュでスイートな新年をスタートさせましょう! 【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】