キュートな飴のアクセサリーショップが博多マルイに限定オープン
本物の飴をコーティングしたピアス

和菓子屋さんの店先になにげなく並んでいる、昔ながらの手づくり飴。カラフルで繊細なかわいらしさに、つい手にとってみたくなりますよね。そんな手づくり飴の新しい楽しみ方を提案してくれるお店が、博多に期間限定でオープンします。

職人が作る和菓子の美しさに魅せられて、和菓子をモチーフにしたアクセサりーを作っており、京都と東京にショップがある「nanaco plus+(ナナコプラス)」。その「nanaco plus+」プロデュースによる「にっぽんの飴プロジェクト」が、博多マルイ1階に1月11日から31日の期間限定でオープン中です。

「にっぽんの飴プロジェクト」のテーマは、「にっぽんの飴をもっとたのしもう!」。手まり飴や金太郎飴に代表される日本伝統の飴は、小さなお菓子でありながら、日本らしい独特のセンスや色使いにあふれています。

その美しさ、愛らしさをそのままに、本物の飴を樹脂でコーティングしてアクセサリーパーツにしてしまったのが、このプロジェクトの目玉になる飴アクセサリーになります。食べるだけじゃもったいないという、手づくり飴への愛情がいっぱい詰まったアクセサリーです。

中でも一押しはチャームとピアス。カラフルでキュートな、飴そのもののチャームやピアスは、かわいいだけでなくインパクトや話題性も十分。価格も1000円前後とお手頃で、みんなと同じアクセサリーでは飽き足らないという方にもおすすめです。ちなみに、本物の食べられる飴も販売しているので、くれぐれもお間違えのないように。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】