お菓子研究家が伝授!お配りにぴったりな、板チョコで作る「マンディアン」
カラフルなビジュアルで人気の「マンディアン」が、板チョコでできる!

昨今のバレンタインは、“お配り”が主流。そこで友達やママ友、会社でお世話になっている人などに贈るのにぴったりな、板チョコを使って一度にたくさんできる「マンディアン」のレシピをお菓子研究家の飯塚有紀子さんに教えてもらいました。

【マンディアン】

<材料(約20枚分)>

板チョコレート(ビター)50g、板チョコレート(ホワイト)50g、ピスタチオ20粒 ミックスドライフルーツ適量

<下準備>

●ピスタチオは殻を除く。

●バット(約20×25cm)2枚の底面にオーブン用ペーパーを敷く。

<作り方>

1.ボウルにチョコレート(ビター)を粗く割り入れる。湯せん(60℃が目安)にかけてゴムべらでなめらかになるまで溶かし混ぜる。

2.スプーンで1を小さじ1程度すくってバットに落とし、スプーンの背で直径4~5cmの円形に広げる。間をあけて、約10枚作る。

3.固まらないうちに、ピスタチオ1個ずつとドライフルーツ適量をのせる。ラップをかけて冷蔵室で約15分冷やし固める。

4.板チョコレート(ホワイト)も1~3と同様に作って冷やし固める。

※密閉容器に入れ、冷暗所で約2週間保存可能。

<ラッピングアイディア>

ポリプロピレン(PP)製の平袋のサイズに合わせて折り紙とオーブン用ペーパーを切る。オープン用ペーパーを上にして袋に重ね入れ、マンディアンを入れる。口を折ってホチキスで留め、シールやリボンを飾る。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】