【お弁当レシピ】冷めても美味!豚肉で作る食べごたえありな「照り焼き豆腐つくね」 画像(1/2) しっかりたれがからんだつくねは、お弁当にもぴったり
しっかりたれがからんだつくねは、お弁当にもぴったり

調理=外処佳絵 撮影=木村拓

つくねといえば鳥ひき肉で作るものがおなじみですが、豚ひき肉で作る「照り焼き豆腐つくね」はプリプリの食感がこれまた美味。豆腐を加えているので冷めても固くならず、お弁当のおかずにもおすすめです。豆腐は水切りせず、そのまま加えてOK。かさ増しもなるので、少量の肉でたっぷりの量を作ることができます。お財布がさびしいときのお助けメニューとしても、役立つこと間違いなし!


【照り焼き豆腐つくね】(1人分233Kcal、塩分1.6g)


<材料>(2人分)

もめん豆腐1/2丁、豚ひき肉100g、たれ(酒、しょうゆ各大さじ1、砂糖小さじ1)、

白いりごま少々、酒、片栗粉、塩、サラダ油


<作り方>

(1)ボウルに豆腐、ひき肉を入れてよく混ぜる。酒、片栗粉各大さじ1、塩少々を加えてよく練り混ぜ、8等分にして円盤形に整える。

(2)フライパンに油小さじ2を熱し、1を入れてこんがり焼き色がついたら返し、水大さじ1を入れてふたをし、こんがり焼き色がつくまで2~3分焼く。たれの材料を加えてからめ、汁けがほとんどなくなるまで煮る。器に盛り、ごまをふる。


ひき肉は空気に触れる面積が大きいぶん、スライスされた肉よりもいたみやすいので、買い求めたらその日のうちに使い切るか、冷凍しましょう。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

【お弁当レシピ】冷めても美味!豚肉で作る食べごたえありな「照り焼き豆腐つくね」 画像(3/2) 【写真を見る】いたみやすいひき肉は、買ったその日のうちに使い切りましょう
【写真を見る】いたみやすいひき肉は、買ったその日のうちに使い切りましょう

撮影=澤木央子