日本一早いお花見を、日本橋で。 桜のお酒を飲みながら、 めくるめく花の新体験

2月に入り、立春を迎えると、寒さが続く中でもなんとなく気分が華やぐもの。春はもう一息、という気分になりますね。そんな季節に一足お先に、お花見を楽しんでみるのはいかがですか?

2月2日から開催されている『FLOWERS by NAKED 2017-立春―』は、さまざまな花の体験を通じ立春を感じるイベントで、昨年15万人を動員。今年はさらにバージョンアップし、「日本一早いお花見」を楽しむことができます。そのメインである桜のアート『桜彩』は規模が2倍に! 本物の桜と、桜の花に型抜きした特殊な和紙で作った桜のオブジェが頭上いっぱいに広がります。

この『桜彩』エリアでは、オリジナルカクテルやドリンク、スイーツなどを味わいながらお花見ができるようになっているのです。

ここで楽しめるドリンクをいくつか紹介します。まずは「桜のワインクーラー」。レストラン「9STORIES」監修のもので、白ワインベースの桜が香るサングリアです。ほんのりと甘酒が効いていて、中に本物の桜の花が入り、美しいピンクが春を告げるような一品です。

「甘酒宇治抹茶」は「ネスカフェドルチェグスト宇治抹茶」とのコラボによるもの。名前の通り、甘酒の抹茶ラテで、白と緑の二色が春らしく、美しい一品です。

また、日本酒『桜彩』は広島の「花酔酒造」とのコラボによる、オリジナルパッケージのお酒です。甘口に仕立てられた純米大吟醸で、甘い吟醸香がふわりと優しく香ります。

このほかにジュースやノンアルコールカクテルなどもあるので、お酒に弱い方も大丈夫。

スイーツはこちらもオリジナルで、ほんのりと甘酒の香りがする北海道産桜餡を使ったサクラマカロン、ラズベリーを隠し味に使い、ヴァローナチョコレートの豊かな香りが楽しめるショコラマカロンなどがあります。

桜をイメージしたドリンクとスイーツを楽しみながら、一足早いお花見、してみませんか?

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】