ちょこっと薬味的なネギがほしい~の願いをラクにかなえる!【ダイソー】の「ケース付きミニスライサー」が超便利!

#やってみた 

納豆やみそ汁、麺類など、あぁ、ここにネギをパラパラッとかけたらおいしいんだよなぁ、と思うことありませんか?

だからといって、わざわざまな板&包丁でネギを切るのは面倒くさい。しかも、においがつくから洗うのも大変だし…。と結局、なくてもいっか~となるわけですが、このひと手間って料理をおいしく仕上げる決め手になったりするんですよね。

先日もサバ缶の炊き込みご飯に余っていたネギの小口切りをかけて出したら、「お、このネギがサバに合うね~」と家族が大喜び。食いつきが違いました。

そこで【ダイソー】に行ったとき、ちょこっとネギがほしい問題をサクッと解決してくれるグッズはないものか?と探してみたら…、ありました! 

ササッとスライスして、そのまま保存できる!「ケース付きミニスライサー」

「ケース付きミニスライサー」 100円(税抜き)です。
そっか、小さなスライサーがあればいいんだ!と目からウロコが…(←スライサーを使うという発想がもともとなかった)。

【写真を見る】ケースにセットしてスライスしたら、そのまま保存できるのが◎

しかも、スライサーをセットして使えるケース付きです。
サイズは約横135×縦88×高さ53mm。
素材はケース本体とフタがポリプロピレン、スライサー本体がABS樹脂、スライサー金属部がステンレス鋼、滑り止めが熱可塑性エラストマー。

スライサーはほぼほぼティースプーンと同じ長さのコンパクトさ

もちろん、スライサーは単独でも使えます。
そのサイズはほぼティースプーンと同じ長さの約横120×縦(最大)70mm。手のひらサイズのコンパクトさです。

納豆にちょこっとネギがほしいときもラクラク

なので、納豆を食べるときも、器の上からササッとネギをスライスな~んてことも手軽にできちゃううれしさ!

これまでは包丁やまな板を汚す=洗い物が増える、のがイヤでグッと我慢してきましたが、これがあればひとりランチのうどんや即席麺の上にもパパッとネギをかけることができます。

保存しておきたいときは、スライサーをケースにセットして使用

と、一度スライサーを使って汚しちゃったら、それだけで洗うのはもったいないっ!
ついでに、夕食のみそ汁用の分を一緒にスライスしちゃおうという気にもなるもんです(笑)。

そんなときはスライサーをケースにセット。夕食のみそ汁分のスライスをつくってしまいましょう。

ケースの底には滑り止めがついているので、スライス中も滑りにくい!

ケースの底には滑り止めがついているので、安定感があり、ケースが動いたりすることもありません。

たっぷりのスライスもあっという間にできる

スイスイッとネギを動かしているだけで、あっという間にケースの中には十分な量が!

保存するときは、スライサーを裏返してケースにセットすればOK

使用後のスライサーをササッと洗って、裏返してケースにセット。フタをしめれば、そのまま冷蔵庫で保存できます。

ケースとミニスライサーを別々に収納しようとすると、ケースがほかの保存容器に紛れてしまったり、ミニスライサーどこ行ったっけ~?となりがちですが、一緒に保存しておけば、そんなトラブルもなし!

ポテサラ用にちょこっとスライスきゅうりがほしいときにも、もう大きなスライサーを使う必要はなくなります。

主婦にとって何がうれしいって、面倒な洗い物が減ることほどうれしいことはありません。
この「ケース付きミニスライサー」があれば、仕上げにネギをパラパラ…というひと手間もラク~にクリア! 料理の仕上がりも格段にアップすること間違いなしです!

文=カッパスキー

この記事に共感したら

カッパスキー

カッパスキー

掃除や洗濯などの実用記事を中心に手がけるフリーライター。ヲタクな... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧