家がレストランに…!お店でワイワイ串焼きが食べたいけど密が気になる私。ついに出会ってしまった、発明級の串焼きプロアイテム!

#やってみた 

時々、無性に焼き鳥や串焼きが食べたくなります。
熱々ジュージューに焼けた肉をはふはふしながら食べて、冷たいビールを飲んでプハーっていう、あの快感。ああー、懐かしい。
お店に行きたいのですが…「密」が気になり、少しためらってしまいます。

買ってくるのもいいのですが、出来立てを食べたいんです…!!
だったら家で焼けばいいんでしょうが、お肉を切って、串に一つずつ刺して、ほどよい焼き加減にするのって、けっこう大変。
それに、食べたあとは竹串をハサミで切って厚紙でくるんで捨てないと、ゴミ袋が破れちゃいます。
もう、考えただけでギブアップ。

なにかいい方法がないかな~と思っていたら、ネットでいいアイテムを発見!
これなら串の後片付けもいらないし、いっぺんにたくさん刺せるから、何本も串に刺さなくていい!
散々迷ったのですが、何度も使うから元が取れるはず!と買ってしまいました。
それがこちらです。

不思議な形をしたステンレス製の焼き串。1本にたくさん食材が刺せて、焼き上がりがお店みたいなんです!

e-zakkaya ◇串みたいな焼き串 1650円(税込み)


がっつりインドア派ですが、こういうのは大好きです。
串に刺して焼くだけなのに、食卓がいつもと違う風景になるので、がぜん、やる気がでます。

さてさて、何を焼こうかな~。
お肉は鶏肉にして、野菜も食べたい。
シシトウやネギ、秋はキノコもいいね~。
プチトマトを焼いても美味しいし、うずらの卵も食べたい。

食材の調達に買い物へ行ったら、テンションが上がりすぎて、エビやホタテなど、いろいろ買いすぎてしまいました。
もう、焼き鳥の域を超えて、完全にバーベキュー。
もうなんでもありです。

ステンレス製なので、食材に火が通りやすいのもイイ!


このステンレス製の串は、熱伝導がよく、食材の中まで熱が通りやすいのが特徴です。

片方に9個、合計18か所に刺せるので、アイデア次第でいろんな食材でカラフルな串ができます


竹串のときは、同じ焼き加減にするために、1本に同じ食材を刺していましたが、
これなら、いろんな食材が刺せそう。

でも、生焼けになるのが心配だったので、万が一に備え、先に肉や魚、火の通りにくいパプリカなどは、下茹ですることにしました。
沸騰したお湯にちょっと塩を入れて、野菜、鶏肉、ホタテ、エビは、さっと火を通します。
それから串に刺して焼くので、あっという間に焼けるし、生焼けの心配もなしです。

2本は、両側が丸くなっていて穴の開いたデザイン。
この穴が調理中や食べるときに持ちやすいんです。

下の輪になった部分は、串を持つときに便利。そのほかキッチンにハンギングもできます


工作みたいで楽しい~。
肉系で1本、魚介系で1本作り、それぞれ塩コショウを軽く振って、魚焼きグリルとフライパンで焼いてみました。
下茹でしてあるので、焼き時間は超短縮。
ネギやトマトがこんがり焼けたらできあがりです。

完成した串は、すごーく美味しそう♪

魚焼きグリルとフライパンと両方試したら、フライパンの方が焼き時間がちょっと早かった♪


焼いてすぐのステンレスは、かなり熱いので、鍋つかみでお皿にのせます。
そして、食べるときは、具材を串から外したほうが食べやすいです。

食べてみると、食材が熱々で香ばしくておいしい♪

串は、すごくたくさん食材を刺せるので、一人一本でお腹がいっぱいになります。
使い終わった串は、少し水に浸けておくと、肉などの食材もきれいに取れるので、洗って乾かすだけ。
ハンギングもできます。

輪になった部分でハンギングしておくと、すぐに使えて便利ですよ♪ 使ったあとも乾きやすいです


新しい串のおかげで、お家ごはんが大変身しました。

いつもと変わらない食材でも、刺すだけでアウトドア気分が味わえるステンレス製の串、おすすめですよ~。



文=ポテコ

この記事に共感したら

ポテコ

ポテコ

100均・ニトリ・3COINS・しまむらをプチプラマニア友達とパ... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧