どよよんと曇った蛇口がラクピカ!【3COINS】の「蛇口クリーニングクロス」の威力にビックリ

#やってみた 

おうち時間がたっぷりあったおかげで、例年よりも大掃除に時間をかけることができた昨年末。

キッチンシンクだって、おせちを作ったあとにもう一回磨いたし、どこもかしこもピッカピカ。
きっと今年はいい年になるぞ~!と思っていたら、え?と目を疑うような光景が!

なんと、蛇口がどよよ~んと水アカ&汚れに覆われてるじゃないですか~。

キッチンに立ったときの視野と光の関係で、シンクの汚ればっかり目について、蛇口の汚れまでいろんな角度から見てチェックしてなかったのが敗因? シクシク(泣)。

これじゃ、いい年にならないかも!?と、ピカピカにしてくれる掃除グッズを年明けからゆるゆると探してました。

パッケージにセットされているとリボンのように見える「蛇口クリーニングクロス 2P」

で、【3COINS】で見つけたのが「蛇口クリーニングクロス 2P」2枚組 300円(税抜き)。

パッケージにセットされている状態だと、リボンのようにも、バニーちゃんの耳のようにも見えますが、その実力は「届きにくい蛇口周りなどのしつこい汚れをすばやく取り除く」のだそう。

しかも、「竹の繊維」「傷つけにくい」「長持ち」と心躍る文字が!

え? 竹の繊維って??とパッケージの裏を見ると「この製品に使われているレーヨンは、天然の竹繊維を原料に作られています。粗すぎず、柔らかすぎないちょうど良いバランスのクロス」と書かれており。

その材質の実力が気になるのはもちろん、両端にループがついているので、引っかけてこするなど使い勝手もよさそうです。

【画像を見る】パッケージを外すと、リボン状じゃないことが判明

サイズは約横(ループの端から端まで)250×縦50×厚さ5mm。
組成はレーヨン52%、ポリエステル29%、ナイロン19%。この半分以上を占めるレーヨンが竹繊維を原料に作られているというわけですね。

天然の竹繊維を原料にしたレーヨンを使用

表面は、いかにも“編みました”感(?)満載。
触り心地はかためのナイロン製のボディタオルに近いような。
でも、きっと、このかたさに竹繊維の威力が隠されているはず~。← 期待大!

中央の山折りステッチが溝部分の汚れまでしっかりゴシゴシ

中央には山折りステッチで盛り上がっている部分があるので、蛇口を上下するときにできるすき間や、細かい部分にも入り込んで汚れをかき出してくれそう。

ノーチェックだった、水アカで汚れで覆われた蛇口

果たして、白い水アカに覆われた蛇口が本当にきれいになるのか? 
早速、検証してみましょう。

蛇口にぐるっと回して引っかけ、両端を持ってゴシゴシ

パッケージには「水だけでOK」とも「洗剤をつけて」とも書かれていないので迷ったのですが、まずは水で濡らしただけでこすってみることに。

手が届きにくい裏側(見えないからきっとすごい状態になってるはず~)にクルリと引っかけて、両端を左右に引っ張ってこすっていきます。

ループを持って…と思ったのですが、実際に使ってみると、クロスの両端をガシッと握ったほうが力も入って使いやすいかも。

狙いどおり?、蛇口を上下するときにできるすき間に山折りステッチが入るので、しっかり汚れをかき出してくれる~!

縦に当ててもゴシゴシしやすい

斜めになっている面は、縦にクロスを当ててゴシゴシ。

とにかくこのクロスの形状が、曲面やら斜め面が多い蛇口をムラなくこすり洗いするのに使いやすい!

今度こそ汚れを見落とさないぞ~!とゴシゴシすること、3分。

水だけでピカピカになった!

おぉ、本当に水アカが落ちて、ピカピカになった~!! 

水だけ、しかもそんなに強くこすってない(=労力少)のに、これだけ落ちてくれるとは感激です。

このあと、洗面所と浴室の蛇口をこすりに走ったのは、言うまでもありません(笑)。

2枚セットなので、1枚はキッチンに、もう1枚は洗面所に吊るしておいて(ループが活躍!?)、ことしは水アカと無縁な1年を過ごそうと固く決意。

ただし、使用上の注意には
●傷つきやすいものや光沢のあるものなどへのご使用はおやめください。
●強くこすりすぎると傷がつくことがありますのでご注意ください。
とあるので、心配な人は目立たないところで試してからに!

蛇口掃除にお悩みの皆さん、ぜひ!と声を大にしておすすめです!

文=カッパスキー

この記事に共感したら

カッパスキー

カッパスキー

掃除や洗濯などの実用記事を中心に手がけるフリーライター。ヲタクな... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧