意外と盲点!夏を迎える準備はできてる?【ダイソー】の「氷クリーン」で製氷機をしっかり除菌

#やってみた 

気温が高い日が増え、これからやってくる夏はどれほど暑くなるのか…と不安がよぎる今日この頃。暑い夏には欠かせない、氷を気持ちよく使うためにも自動製氷機のお手入れをしてみることに!

とはいえ、意外と複雑な構造の自動製氷機。手洗いだけでは、洗いきれない細かな部分が気になり、ダイソーで発見した「氷Clean」を購入してみました。

自動製氷機の内部まできれいに掃除ができるアイテム

・「氷Clean」
・10g×3パック入り(税込110円)
・成分 クエン酸・食品添加物色素

【画像を見る】3回分入って110円とコスパも最高

「氷Clean」は、給水タンクに入れるだけで自動製氷機を洗浄・除菌できるアイテムです。主成分はクエン酸ですが、食品としても使用されることのある成分のため安心感も◎ですね。

では、さっそく使ってみようと思いますが、フィルターがついているものは取り外す必要があるため、事前にチェックしておきましょう。

300mlの水と混ぜて、普段通り製氷するだけでOK

洗浄に必要なものは、「氷Clean」と水300mlのみでOK♪

製氷機の給水タンクに入れて、しっかりと混ぜたら準備完了。あとは、通常通りにタンクをセットするだけです。

氷がピンクの間は洗浄中のサイン

そのまま、自動で製氷されるとピンクの氷が出てきます。一見、美味しそうですが…。クエン酸だからとはいえ、食べてはいけません!必ずそのまま捨てましょう。

洗浄中は誤って氷を食べないように注意!

パッケージにも「洗浄中」の注意札がついていますが、ちょっぴり小さいので…。わが家では、手書きで「食べないで!」と紙に書いて貼っておきました。

ピンクの水がなくなったら、通常通りに水道水で製氷

数回、製氷しタンクの中のピンクの水がなくなったら、通常通り水道水を入れて再び製氷します。

氷に色がつかなくなったら洗浄完了

完全に氷に色がつかなくなったら、洗浄&除菌完了のサインです◎

ピンクの氷が出て来なくなるまで何度か製氷をくり返すため多少時間はかかりますが、手間はかからず、ほったらかしでOKな点がうれしいポイント。

目には見えない部分ではありますが気持ちもよいですね♪
ただし、業務用の製氷機には使用できませんので、ご注意ください。

みなさんも、氷をたくさん使う夏が来る前に製氷機の洗浄してみませんか?

文=翔ママ

この記事に共感したら

翔ママ

翔ママ

100均・お得・値下げが大好き!パワフルな息子二人と格闘しつつ「... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧