調理中の野菜くずはビニール袋に入れていましたが、水気がついたままなので、いまの時期は特に匂いやカビが発生しやすいのが悩み種。。。なにかいい片づけ方法はないかな~と思っていたら、【ニトリ】に場所を取らない水切り袋を発見。コレがめちゃくちゃ優秀だったので、ご紹介します!


生ごみのイヤ~な水気がイイ感じに抜けてく~!【ニトリ】「立てる水切り袋」が超優秀! 画像(3/4) シンクのゴミを立てて入れられる水切り袋。小さめの別サイズもありました

【ニトリ】◇立てる水切り袋 30枚入り 277円(税別)サイズ:縦約20cm×横幅25cm×底のマチ部分10cm


中に透明な袋が30枚も入っていて、1枚当たり9.6円ぐらい。

かなりしっかりした形です。


生ごみのイヤ~な水気がイイ感じに抜けてく~!【ニトリ】「立てる水切り袋」が超優秀! 画像(5/4) 【写真を見る】袋の底にマチ部分があり、上部を折り返して広げるスタンド式です

1枚取り出して袋の口の部分を折り返し、マチを広げると、シンクに立てておけます。

すっきりしたシルエットが清潔感ある~♪


生ごみのイヤ~な水気がイイ感じに抜けてく~!【ニトリ】「立てる水切り袋」が超優秀! 画像(6/4) 袋全体が格子状の網目なので風通しがとてもよく、中のモノをほどよく乾燥してくれます

調理中にニンジンやジャガイモの皮などをポイポイ入れると、底の方から自然に水分が流れていきます。

風通しもいいので乾燥しやすそうです。

一定量たまったら、手を汚さずにゴミ袋へ。簡単♪


この水切り袋…実は干し野菜作りに便利だということを発見!


生ごみのイヤ~な水気がイイ感じに抜けてく~!【ニトリ】「立てる水切り袋」が超優秀! 画像(10/4) シイタケを干したり、バジルの葉などのハーブを乾燥させるときに、こまかなモノをまとめて乾燥できます

シイタケを風通しのいい場所で干したいとき、バジルなどのハーブを乾燥させたいとき、袋にまとめればOK。

簡単に野菜を乾燥できるのが超便利。

【ニトリ】の水切り袋を使った干し野菜、おすすめです。


これは常備決定!

見つけたらぜひチェックしてみてください。



文=ポテコ