【ダイソー】袋止めの定番「簡単密封(イージー)シーラー」でポリ袋補修のススメ♪ 

#やってみた 

100均アイテムの中でもとくに話題となった「イージーシーラー」。

湿気やすいお菓子の袋の口を留めるために、購入したおうちも多いのではないでしょうか。

100均アイテムに目がない私ももちろん持っています。

ダイソーの簡単密封シーラー(イージーシーラー)、便利と話題になりました


・「簡単密封シーラー」100円/1個(税抜き)

(※通称「イージーシーラー」)

お菓子の袋のような薄手の袋などの口を熱圧着し、密封するための機械。

アルミ蒸着袋・ポリプロピレン・ポリエチレン・塩化ビニール、厚みは0.1mmまでのものに使えます。

【画像】熱圧着で袋の口をぴったり閉じられるのが魅力


ホッチキスのような見た目。

安全カバーを外し圧着したいところに熱源をすべらせるだけで、完全密封ができるスグレモノです。

使い方のコツは、シーリング開始のときに3秒間ぎゅっと押さえ、それから均一な圧ですべらせること。

あまり強く長い時間押さえ続けると、高温になり袋が溶けてしまうので、ほどよいチカラでスライドさせます。

くりかえし使って慣れることで、うまくシーリングできるようになります。

<サイズ>W41×H55×D98cm

<材質>

・本体…ABS樹脂

・板バネ&ネジ電池挿入部…スチール(亜鉛メッキ)

・発熱部…PTFE布、ニクロム線、ステンレス201、スチール(ニッケルメッキ)、フッ素ゴム、セラミック

<カラー>1色

<必要なもの>単三アルカリ乾電池2本(別売)

この「簡単密封シーラー」、よく使われるのはお菓子の乾燥防止やコーヒーや粉もの袋の密封。

ですが、ほかにも薄手の袋の補修などにも活用できます。

「簡単密封シーラー」でこんなものを再利用しました


長年使っているクリアポケットファイル。

こすれて入れた書類が見づらくなってきたので、処分を検討中。

でも捨てるにはもったいない感じもするので…

捨てる予定のクリアポケットファイル。もったいないので活用することに


中身のポケットクリアファイルをちぎり、ゴミ袋として活用することにしました。

ゴミ袋として程よいサイズ感です


ゴミ箱に設置するのにほどよいサイズ。

破れてしまった端の部分をイージーシーラーで圧着


ところが、ちぎるときに端のほうが破れてしまいました。

さっとスライドさせるだけで袋の補修ができます


そこで、100均の「簡単密封シーラー」で熱圧着。

このくらいの厚みがシーリングに最適


この薄さ、ちょうどシーリングするのにピッタリなんです♪ 

それに、マイお買い物バッグの普及で世の中からレジ袋が減ってきたので、わが家にゴミ袋が足りず困っていたところでした。

これで当分ゴミ袋に困りません。

「簡単密封シーラー」、ほかにこんな活用法も♪ 


こんなコンビニ袋の穴の修復にも便利♪ 


「コンビニ袋をゴミ箱に設置しようとしたら、底に大穴が…! 」

とがったものでカンタンに穴があいてしまうコンビニ袋。

ゴミ袋の意味がなくなってしまうので、穴が空いた袋はやむをえず処分していました。

今まで捨てていた穴あき袋もこのとおり復活


ところが、どんな大穴もサッと「簡単密封シーラー」で密封すれば、立派によみがえります。

いまや数が減り貴重になってきたコンビニ袋。

できれば穴が空いてしまっても捨てずに活用したいところです。

わが家では、食品の密封よりもどちらかというと袋補修の用途での出番が多いかも? 

みなさんも100均の「簡単密封シーラー」、ぜひ穴空き袋の補修に活用してみてくださいね♪ 

文=ちょこみん

この記事に共感したら

ちょこみん

ちょこみん

無類のチョコミントアイス好き。生まれつき横着でズボラなため、暮ら... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧