20年モノのボロい机を【ダイソー】「リメイクシート」で蘇生!

#やってみた 

長年愛用の家具って、古びても愛着がわいて手放しがたいもの。

私の机も20年の愛用歴ですが、インテリアとしてはちょっぴり時代を感じさせるデザインです。

そこで、話題のダイソーのリメイクシートの出番!

スマホの保護シートさえきれいに貼ることのできない私が、100均アイテムで家具のリメイクに初挑戦です♪ 

柄選びに悩む…! ダイソーの高級感あふれるリメイクシートたち


100均とは思えないオシャレ感! リメイクシート2柄


ダイソーのリメイクシートの柄の種類が見るたびに増えています。

このたびのダイソー巡りでもオシャレな新柄を発見。

大興奮で2柄をカゴに投入しました。

・「リメイクシート 貼れるタイプ ストーングレー」100円/1個(税抜き)

・「リメイクシート テラソー」100円/1個(税抜き)

いずれもストーン柄×グレー調で、モダン&クール。

ストーングレーはツヤなしマットタイプ、テラソー柄はツヤありとなっています。

【画像】リメイク費用合計はなんと300円♪ 家計にやさしい


制作途中でストーングレー柄を買い足したので、かかったリメイク費用は合計300円(税抜き)。

100均とは思えない高見え柄がうれしい♪ 

<サイズ>ストーングレー柄…30×80cm・テラソー柄…45×90cm

<材質>塩化ビニル樹脂、アクリル接着剤

この100均リメイクシートのおもな用途は、

・部屋のリフォーム

・キズや汚れの目隠し

・家具や小物のイメージチェンジ

です。

裏側は方眼入りのシールになっていて、シートの巻きグセによるカットしづらさを緩和。

さらにありがたいことに、

はくり紙まで…! さすがのダイソークオリティー


「はくり紙はがし用シール」まで付属しています。

これさえあればシート角めくりにくさにも悩まされません♪ 

かゆいところに手が届く100均、すばらしい! 

いざリメイクに初挑戦 


デザインはレトロだけどまだ使える20年モノの机


20年モノの机。

表面のキズやはがれが歴史を感じさせます。

貼る場所のサイズを測り紙に書き起こします


まずは貼る箇所のサイズを計測。

シートをカットし貼りつけていきますが…。

遠目には分かりませんが近づくと気泡が…! 


最初はコツがわからず気泡だらけ。

“貼ってははがし”の試行錯誤の繰り返しです。

でも何ごとも慣れ”で、気泡の抜き方も少しずつマスター。

はみ出して貼った部分をカッターにて修正中


貼ったあとのシートをカッターで微調整する余裕も生まれてきました。

取ってを外すという初の試みにドキドキ…


引き出しの取ってをドライバーで外してからシートを貼り付けるなど、DIYっぽい内容にもトライ。

ヘタながら時間をかけてがんばりました…! 


そしてようやく完成したリメイク机。

天板の汚れがすべて隠されて別モノ級に生まれ変わりました!うれしい…! 

手際の悪さゆえに所要時間は3時間半(疲)。

近くでみるとアラが目立ちますが、ダイソーのリメイクシートの柄のステキさでカバーされた感じ。

私のようなリメイク初心者さんの場合、無地よりも総柄のほうが難が目立ちにくくオススメです。

ほかにこんなものもリメイク♪ 


さらにこんな古家具もリメイク♪ 


こちら、なんと30年以上前の家具。

表面の木目がハゲハゲでしたが、こちらも同じくリメイクシートで蘇りました。

貼るだけでこんなに雰囲気が変わるなんて感動! 

手間をかけたぶん、この古い家具たちにさらなる愛着がわくこと間違いなしです♪ 

文=ちょこみん

この記事に共感したら

ちょこみん

ちょこみん

無類のチョコミントアイス好き。生まれつき横着でズボラなため、暮ら... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧