【ダイソー】窓ガラス用「断熱シート」で冬の寒さ&結露対策!

#やってみた 

朝晩がぐっと冷え込む季節になってきました。

窓はきちんと閉めているのに、ひんやりした外気が部屋の中にまで伝わってきて寒い~!

いろいろ対策を考えていたここ数年ですが、今年は本格的に寒くなる前にダイソーの窓ガラス用「断熱シート」を買って試してみることにしました。

【ダイソー】の「断熱シート」で冬もあったか


・「断熱シート 窓ガラス用 プリント」100円(税抜き)

<材質>ポリエチレン

<商品サイズ>90×45cm

おしゃれなプリントデザインが続々登場


【画像】プリントされたデザインがおしゃれな「断熱シート」


 

窓ガラスに直接貼る「断熱シート」は、透明のもの以外に柄がプリントされたデザインのものが売られていました。

【ダイソー】「断熱シート」は横長サイズ


サイズは90×45cmで、横長タイプです。

緩衝材のエアキャップみたいな構造になっています


裏を返すと、緩衝材として使うエアーキャップのようになっています。

好きなサイズにカットして貼り付けられる


両面テープで窓に貼っていきます


窓ガラスのサイズにあわせて、好きなようにハサミでカットします。

こちらの商品は窓ガラスの内側(室内側)に、粘着テープを貼って使用するタイプです。

テープが剥がしにくくなったり、跡が残ったりしたら嫌だなと思い、まずは弱粘着タイプのもので様子を見ることに。

ところが、弱粘着では弱かったようで、しばらくするとぺらっと剥がれてしまいました!

通常の両面テープで貼り直しましたが、あまり長期間貼り続けたままにしておくと、両面テープの跡が残ってしまうようなので要注意。

窓ガラスのサイズに合わせて自由にカットできる


「これ、なーに?何するの?」と興味津々の娘を横目に黙々と作業すること、数十秒。

作業自体は驚くほどあっという間に終了しますよ!

窓に貼っても光を通すから、部屋が暗くならない


柄のデザインは入っていますが、基本的にシートは透明なので自然光をさえぎるようなことはなく、部屋は明るいままでした。

気温がぐっと下がった日に貼り付けたため、翌朝、窓に1番近い所で寝ている夫に尋ねると「確かにそんなに寒さを感じなかったかも」とのこと。

体感温度は人それぞれですが、断熱効果に優れた「断熱シート」で部屋の温度をキープできるなら万々歳!

「断熱シート」は断熱効果と合わせて、結露防止効果もあるそう。

完全に抑えることはできないようですが、毎年冬の時期は窓ガラスの結露にも悩んでいるので、もう少し様子を見ていこうと思います!

文=moco

この記事に共感したら

moco

moco

神奈川出身のライターって名乗りたい主婦。2歳の娘と、おかし作りや... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧