1枚で数枚分の役割!【DAISO】の「仕分けできる洗濯ネット」ならドラム式洗濯機でも使えて大助かり♪

#やってみた 

洗濯ネットが古くなり、ところどころ穴もあいてしまったので買い替えようと【DAISO】へ。

パーカーとかも入れられる、ちょっと大きめサイズが欲しいなぁと思っていたら、目に飛び込んできたのが「衣類をそのまままとめ洗い! 仕分けできる洗濯ネット」という商品。

これって、中に衣類を入れたらどんな形になるんだろ?と思ったのが「丸型」です。

中身を入れたとき、どんな形になるのか気になる「仕分けできる洗濯ネット 丸型」


サイズは直径約38cmとあるので、パッケージ写真のように大きめのビーチボールみたいになるのかな?

もうひとつの「角型」は、サイズ約55×45cmと明記されているので、横にワイドなんだろうなぁと想像はつくのですが、裏側にもファスナーがある???

【写真を見る】同じく「仕分けできる」角型も


まあ、〝仕分けできる〟と豪語?しているのだから、衣類を入れる場所が2カ所あることは分かるのですが、その位置関係や入れられる量までははっきりしないので、とりあえず購入して家でチェックしてみることに。

どちらも価格は200円(税抜き)でした。

タグを外して、まずは「丸型」「角型」それぞれの全貌?を確認。

「丸型」はビーチボールというよりサイコロ型で、上下にオープンできるファスナー部分の容量が大。網目は水通りのよい中目になっています。

「丸型」を広げてみるとサイコロのような形に


大容量スペースの網目は中くらい


横についているファスナー部分の容量は、全体の約4分の1と小さめですが、網目は細かくてデリケートなものもやさしく洗えるようになっています。

小容量のスペースの網目は細かめ


「角型」は思ったとおりの長方形。表側と裏側、どちらも端のほうにファスナーがついています。

ファスナーの位置が両面で異なる「角型」


約45cm長さのファスナーがついている面は縦型で網目は細かめ、約55cm長さのファスナーの面は横長で網目中くらい。中央には仕切りがあります。

中に仕切りが1枚あり、縦長になる面は網目が細かく、横長になる面の網目は中くらい


一度に洗える洗濯量の目安は、「丸型」がTシャツ2枚+シャツ・ブラウス2枚、「角型」はTシャツ3枚+シャツ・ブラウス2枚。

形状の関係でしょうか、「角型」のほうがTシャツ1枚分多く洗えるようです。

でも、どっちもこの容量ならもっと入りそうな…と思ったら、「ネットの容量の2/3を目安に衣類を入れてください」「詰め込みすぎないでください」との注意書きが!

そうでした。詰め込みすぎると、洗剤液が衣類に充分行き渡らなくなっちゃいますもんね。

たとえば、「丸形」なら大きなほうにパーカーやトレーナーなどを入れ、小さなほうにシャツやカットソーを入れて洗ったり。

大物系とデリケート系を一緒に入れることが可能


サイコロのようなフォルムに♪


「角型」なら網目が中くらいのほうにジーパンを入れ、細かいほうにネルシャツなどやさしく洗いたいものを入れてもいいかも。

大物系も、ザブザブ洗っていいものとやさしく洗いたいものが1枚のネットに入れらる


組み合わせ自由な点がフレキシブルでいいですね~。パチパチ♪

ひざ掛けや子ども用の小さめ毛布くらいなら入っちゃう大きさも頼もしい。

ワイドサイズなのでひざ掛けなどのブランケットもラクラク入る


衣類1枚につき洗濯ネットを1枚用意、しかも網目が細かいものと水通りのいいものなどの〝分け持ち〟ではネット貧乏になってしまうし、置き場所にも困ってしまいます。

でも、この「仕分けできる洗濯ネット」なら1枚で数枚分の働きをしてくれるから、コスパもよくて省スペースになるのが魅力的。

何よりうれしいのは、ドラム式洗濯機でもOKな点です!

3COINSで人気の3つに仕切られたランドリーバッグを便利そうだな~と思っていたものの、ドラム式洗濯機には向いていないと知って、わが家には導入できないんだ…と断念した身としては、〝仕分け〟できて、洗濯機を選ばないネットが【DAISO】にあったことに感激!

しかも、100円安い200円で買えちゃうのも◎だし、使用後もペタっと薄くなるので場所を取らないし。これからも、洗濯ネットが古くなったら順次このネットに買い替えていこうっと。

文=カッパスキー

この記事に共感したら

カッパスキー

カッパスキー

掃除や洗濯などの実用記事を中心に手がけるフリーライター。ヲタクな... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧