ポストのつまみが壊れた!⇒【キャンドゥ】「陶製ノブ」で緊急対応!

#やってみた 

ある日郵便ポストをみたら、取っ手のつまみがなくなっていました。

どうやら経年劣化で壊れてしまったようです。

そこで、タンスDIY用に買い置きしていたキャンドゥの陶製ノブ(つまみ)でとりあえず代用することにしました。

ポストはいずれ交換しますが、その日までしばらく100円アイテムでもたせたいと思います。

MADE IN INDIAでとってもオシャレ


「陶製ノブ ラウンドA」100円/1個(税抜き)

高級感あふれる陶器のつまみ。

「グレーの飾り部分がステキ」と評判であっという間に完売するため、見つけるたびに買い置きをしています。

5段タンスだとこのノブも5つ必要なので、数がそろうまで手元に置いてあったのが幸いしました。

【画像】パーツがバラバラにならないよう注意です


分厚い扉の取りつけ用に、長いネジがおまけでついてきています。

わが家のポストのフタは厚さ数ミリなので、短いほうのネジで対応します。

<ノブサイズ>直径40mm

<対応する取付面厚>約20~40mm

<材質>陶器、スチール、亜鉛合金

問題のポスト。これは不便…! 


ポストが開けづらい…! 


最初気づいたときは何ごとかと思いました。

「取っ手はどこ…!?」。

見渡すと、足元にバラバラになった部品が散乱していました。

どう組み合わせてもうまくいきません…


こちらが拾い集めた部品です。

ゴムパッキンが割れてすべてはじけ飛んだらしいのですが、特殊ネジなので組み立て方がまったくわからない…! 

でもつまみがないとフタのスキマから爪でこじ開けねばならず、すごく面倒です。

そこで、さっそく修繕開始! 


付属のネジはかなり長さがあります


まず、フタ裏から短いほうのネジを差し込みます。

つまみ内部もネジ穴になっています


そして、つまみにネジ先をさしこみ、裏からナットでしめていきます。

(ナットは手でもしめられますが、しっかり取りつけるばあいはスパナがおすすめです)

きっちり取付できました♪ 


裏側のネジが余りすぎてますが、一時しのぎなのでOK。

このようにネジが余ってしまっているときは、郵便物を取り出す際、手を怪我しないように充分に注意してくださいね。

仮ポスト、完成! 高級感がスゴイ


とってもゴージャス! 


いかがでしょうか。

このただならぬ高級感、100均とは思えません。

もとの樹脂製つまみよりも扱いやすく、見た目もオシャレです。

このまま使い続けたいくらい…♪ 


もちろんこれは一時しのぎ。

そもそも屋外用ではなく、取りつけ面の厚みも足りないので、交換工事までのほんの数週間の仮のものです。

それでも予想外のステキなできばえに、家族一同大満足。

ポストを爪でこじ開ける面倒もなく、急場しのぎに重宝しました。

やっぱり100均さまさまです♪ 

本来の用途はこんな感じ


古いタンスのリメイク例


今回の使い方はイレギュラーで、本来はこのように屋内のタンスの取っ手などに使うものです。

古いタンスが見違えました♪ 

このように、どこに使ってもサマになる、キャンドゥの陶製ノブ。

個人的にこのツマミの柄がイチオシです♪ 

文=ちょこみん

この記事に共感したら

ちょこみん

ちょこみん

無類のチョコミントアイス好き。生まれつき横着でズボラなため、暮ら... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧