あともう一品が思い浮かばないときに!【KALDI】で見つけた「めんたい粉」が超お役立ち♪

#やってみた 

毎日の食事作りは、本当に大変。まして、新型コロナウイルスの影響で家族がずっと家にいるから、もう何を作っていいやら、レパートリーもネタ切れ!という声もチラホラ。

昼食作りにも悩むけど、夕食の”あともう一品“が思い浮かばない!ということが多くありませんか。手間のかかるものはなるべく避けたいし、おひたしやサラダもマンネリだし…。

そんなときに強い味方になってくれそうなものを【KALDI】で発見!

ふりかけのような「めんたい粉」


「博多辛子めんたい粉」(20g入り)、189円(税抜き)です。

名前どおり、明太子(めんたいこ)が”粉“になっています。使っているのは、博多の「かねふく」の明太子だそうで、何やら味にも期待できそう。

【写真を見る】この粒々は、たしかに明太子!


パッケージから中身を出してみると、おぉ、たしかにこの粒々は明太子じゃないですか! といっても、明太子をそのまんまドライにしたものではなく、ちゃんと加工してあるので賞味期限も1年ほどと長いのが◎。

マヨネーズに混ぜれば、あっという間に明太マヨネーズのできあがり


いつものマヨネーズを明太マヨに変身させるのも、好みの量の「めんたい粉」をパラパラ入れて、かき混ぜるだけでOK。まな板の上に明太子をのせて、包丁でしごき出す…なんていう手間はかかりません!

いつものサラダに、明太マヨをオン


そのまま、サラダにのせてもいいし、ディップソースとしてスティック野菜に添えたり、パンに塗って焼けば明太子トーストに。

ポテトサラダに混ぜれば、タラモサラダもあっという間にできちゃいます。

明太パスタも、振りかけて混ぜるだけ!


もちろん、パスタとあえれば簡単に明太子パスタのできあがり~!

生の明太子と違って日持ちはするし、粉状だからアレンジも簡単にできるし、いつものメニューがパパッとひとかけで”味変“できちゃうのがうれしいところ。

味は、辛子明太子を原材料に使っている割には、ほんのり辛みが感じられる程度。

とびきり辛いのが好き!という人には物足りないかもしれませんが、逆にいえば子どもでも食べられる辛さなので、安心して使えますよ。

辛いものが苦手なわが家の娘も、「あ、この明太子パスタなら食べられる~♪」とがっついていたほど(笑)。

もちろん、そのままふりかけにして食べても、おにぎりに混ぜてもいいですよね。

キッチンに一袋用意しておくだけで、いざというとき役立ってくれること間違いなしです!

文=カッパスキー

この記事に共感したら

カッパスキー

カッパスキー

掃除や洗濯などの実用記事を中心に手がけるフリーライター。ヲタクな... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧