クリップが引っかけられるって超便利!【セリア】の「ポリ袋クリップ ハンガータイプ」で〇〇忘れナシ♪

#やってみた 

食べ盛りの子どもが家にいると、お菓子代もバカになりません。しかも、一袋あけたら残さず食べきってしまえばいいのに、半分ほど食べた状態で、次の新しい袋を開けてる~!なんてことも。

食べ残した分はしけっちゃうし、下手すればそのまま食べ忘れてしまうこともあり、わが家の食費をなにげに圧迫してくれることに。

そこで【セリア】で見かけたクリップを導入してみることにしました!

丸みをおびたフォルムがキュート!「ポリ袋クリップ ハンガータイプ」


「ポリ袋クリップ ハンガータイプ」、4個入り100円(税抜き)。

そう、クリップの上部にフックがついているので、ハンガーのように引っかけられるのがポイントです。

4個も入って100円のうえ、カラーも白×1、グレー×2、黒×1というシンプルさが魅力です。

材質はポリプロピレン、サイズは閉じた状態で約縦60×横110×厚さ15mm。

【写真を見る】パカッと開くと、ハンガー部分もオープンするから使いやすい!


使い方は、一般的な二つ折りクリップと同じ。ひらいてみるとフック部分までパカッとオープンするので、はさみやすいのがうれしい♪

普通に食パンなどのポリ袋をはさんでも◎


たとえば、朝1枚だけ食べた食パンの袋も、クリップにはさんで横の部分をカチッと固定するだけで密封完了!

引っかけておけば、食べ忘れナシ!


開け口が広いタイプの菓子袋も、折りたたんだら、しっかり止まりますよ。

では、さっそくお菓子を入れている棚の扉に、放置されていた食べ物残しを引っかけておくことに。

「何、これ?」と犯人=息子も驚いていましたが、「そっか~、食べかけのまんまだった」と嬉々として残りをポリポリ。見事、作戦成功です(笑)。

キッチンの調味料を「あとこれだけ」と引っかけておけば、買い忘れもなくなる


ほかにも、「今度、買い物に行ったときに買わなきゃ」と思いつつ、忘れがちな調味料や香辛料など(ごまとかローレルとか)もキッチンにぶら下げておけば、買い忘れることがなくなります。

もちろん、クリップにはさめるものなら食材じゃなくてもOK。

たとえば、新入園・入学の子どもがいる家庭なら、忘れやすいハンカチやティッシュを小さめビニール袋に入れて、玄関の取っ手などに引っかけておくなんていう使い方もありかも。

引っかけておくだけで、〇〇忘れが防げるクリップ。工夫次第で何かと使い道は多そうですよん♪

文=カッパスキー

この記事に共感したら

カッパスキー

カッパスキー

掃除や洗濯などの実用記事を中心に手がけるフリーライター。ヲタクな... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧