暑い日の昼食や夕食に大活躍!【KALDI】の「瀬戸内レモンオリーブオイルつゆ」で主菜も副菜もラクラク!

#やってみた 

気温の上昇とともに、暑~いキッチンに立ちたくない&料理作りたくないモードもぐんとアップ。

学校が始まったとはいえ、週末の昼食作り問題がママたちに重~くのしかかっていることに変わりありません。

なのに、せっかく汗をダラダラ流してゆでたそうめんだって「え~、またぁあああ?」と家族は平気でブーイングしてくれる。シクシク。

「せめてサ、つゆにこだわってみようとか思わないわけ?」だと~? 食べるばっかのその口がそんなこと言うかっ???

えぇ、えぇ、分かりましたとも。つゆね、つゆにこだわりゃいいんでしょ!とズボラ母ちゃんがとった行動は…。

もちろん、【KALDI】に走ること。

で、見つけました! これならラクできる~という一品を(笑)。

さわやかな麺つゆ「瀬戸内レモンオリーブオイルつゆ」


「瀬戸内レモンオリーブオイルつゆ」ストレートタイプ 300ml 398円(税抜き)です!

“瀬戸内レモンと、スペイン産のオリーブオイルのさわやかな麺つゆです“という自己紹介?に、迷うことなくゲット。

貧乏性が身についている母ちゃんとしてはストレートタイプってかなりの贅沢なんですが(普段は3倍濃縮のだしを薄めて、そうめんなんかのつけ汁として使用)、 こう蒸し暑いと“レモン”“さわやか”という響きには勝てません。

【写真を見る】ストレートタイプなので、そのまま器に入れて“つけ汁”に


そうめんや冷やしうどんなどは、そのまま器に出して“つけ汁”として使えばOK。

ガラス容器に出してみたところ、表面に油分が結構浮いているのでオイリーなのかなと思いますが、実際に味見してみるとオリーブオイルなのでくどくなく、いい感じのまろやかさ。

レモンの風味が鼻をくすぐるのですが(とってもさわやか!)、これまた酸っぱすぎることはなく、ほどよい酸味が食欲をそそりまます。

酸っぱいのが苦手、という小さいお子さんもきっとこれなら大丈夫。

いや、もっと酸っぱいのがいい!という人は、“追いレモン”するのもおすすめです。

「どうじゃ、これで! レモンだ! オリーブオイルだ!! いつものつゆとはひと味もふた味も違うわサ~」と、休日の昼食・そうめんと一緒に出したところ、家族も大満足♪

「レモンの香りがいいね」「でも、しっかりだしが利いてるからウマッ!」と、ドボドボ使いまくる使いまくる。

ギャーッ! 1食で使いきらないでよっとヒヤヒヤするほどの大好評っぷり。

でも、そうなんです。あくまでもこれは“つゆ”。

原材料には、しょうゆやかつおぶしエキス、こんぶエキスも使われているので、レモン&オリーブオイルが「ここはバレンシア?」と思わせる仕事をしていても、それを支えているのはジャパニーズテイストのだしというわけ。

しかも、レモン果汁のほかに、りんご果汁やたまねぎも入っているので、ほのかな甘みがまた後を引くという絶妙な味のバランス。

となったら、つけ汁としてだけ使うのはもったいない!

ぶっかけうどんにもおすすめ


たとえば、ねぎや刻みのりを散らしただけの“ザ・日本の冷やしぶっかけうどん”にもぴったりマッチ!

いい感じにオリーブオイルがうどんに絡まってくれるおかげで、うどん同士がくっつかないのも意外な発見。

マリネ液として使えるのもうれしい♪


サラダにドレッシング代わりにかけてもいいし、マリネ液として使うのもあり!

わが家では、これでミニトマトのマリネを作って、冷しゃぶにドバーッとかけて出したところ、娘が「これ、冷たいパスタにもきっと合うね。今度作って~」とリクエストまで(← 自分で作っていただきたいっ!)。

和風メニューはもちろん、日本人好みのイタリアンにも仕上がるので、暑くてな~んにも作る気がしない日でも、冷蔵庫にこの「瀬戸内レモンオリーブオイルつゆ」さえ常備しておけば、麺類などの主食をはじめ、主菜も副菜も“とりあえずかける・混ぜる・あえる”で乗り切れること間違いなしっ!

調子に乗ってアレコレ使っていたら、あっという間に残り少なくなったので、あと2~3本買い足しに行かなくちゃ(笑)。

賞味期限も約1年なので(開栓後は要冷蔵)、いっそのこと買いだめしとくのもありかもしれませ~ん。

文=カッパスキー

この記事に共感したら

カッパスキー

カッパスキー

掃除や洗濯などの実用記事を中心に手がけるフリーライター。ヲタクな... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧