人気の「女性向けプロテイン」は? キレイになれてダイエットにもオススメのプロテインドリンク5選

#食 

仕事や育児に追われて、自分のことをケアする時間なんて全くとれない!気づけば、肌はボロボロ、髪にはハリがなくなり、おまけにコロナ太りで体重も増加。でも美容やダイエットにかける時間も気力もないくらい、本当にもうへとへとなんです…。

そんな忙しい女性たちでも、手軽に美活ができるアイテムとして、今注目度急上昇中なのがプロテインです。でもプロテインって筋トレ中の人が飲むものでは?普通の生活をしている私たちにも必要なの?味は?費用は?…気になることがいっぱい。

そこでプロテインについて知りたいことを、「マツコの知らない世界」(TBSテレビ系列)にも出演したプロテインマイスターのプロテインひろこさんに聞いてみました。

プロテインの基礎知識


女性がプロテインをとるメリットとは?

 

プロテインは“マッチョな男性の運動のお供”のようなイメージが強いかもしれませんが、それは大きな誤解です。プロテインは、日本語に訳せばたんぱく質。三大栄養素のひとつで、人間の体の約2割はこのたんぱく質でできています。筋肉はもちろん、皮膚、髪、爪、血管など、体のベースを作る材料となるため、へとへとに疲弊した体を修復するには、たんぱく質=プロテインが不可欠なのです。

毎日体に新しいたんぱく質を取り入れることで、髪も肌もアップデートされ続け、健康的で若々しい印象に。逆にたんぱく質が不足すると、肌はボロボロ、髪にはハリがなく、爪も割れやすいなどのデメリットを招くことにもつながります。

手軽にたんぱく質を補えるプロテインドリンクが人気

たんぱく質は体内では作り出せないため、毎日の食事でとる必要があります。成人女性の1日のたんぱく質推奨摂取量は約50~60g。これは1食につきげんこつ1個分、1日3食でげんこつ3個分の肉や魚を食べないと達せない数値です。

そのくらいならとれそうと思うかもしれませんが、1日3食365日続けるのは、かなりハードルが高いもの。朝はパンとコーヒーだけ、昼はサッと食べられるめん類で済ませてしまうといった食生活では、すぐにたんぱく質不足に陥ってしまいます。

そこで今、人気を集めているのが手軽にたんぱく質を補えるプロテインドリンクです。昨年頃から“高プロテイン”を売りにした商品が続々と登場し、スーパーやコンビニでもプロテインコーナーが作られるなど、手軽に買えるようになってきました。
パンにプロテイン、おにぎりにプロテイン、普段の食生活の中で1日1杯のプロテインをプラスするだけで、体に必要なたんぱく質を効率的に摂取できます。

プロテインの種類


プロテインには大きく分けて、牛乳由来のものと植物性由来のものがあり、それぞれ特徴も異なりますので、目的に合ったプロテインを選びましょう。

牛乳由来―ホエイ、ガゼイン


市販のプロテインの中で圧倒的シェアを占めるのがホエイ。体内への吸収が2~3時間と早いため、運動後すぐにエネルギー補給をしたい人におすすめ。様々な種類のフレーバーが販売されているので、自分好みの味を見つけやすいのもメリットです。

ガゼインは、7~8時間かけてゆっくり吸収されるため、「夜寝ている間にも筋肉を育てたい!」という筋肉追求型の人向け。

植物性由来―ソイ、ソラマメ、ヘンプ、玄米etc


 

植物性由来のプロテインのうち、約9割を占めるのが大豆由来のソイプロテイン。7~8時間かけて体内にゆっくり吸収されるため腹持ちがよく、ダイエットしたい人におすすめ。女性ホルモンの働きをサポートするイソフラボンをはじめ、大豆の栄養も一緒に摂れます。

最近の女性用プロテインのトレンドは、ホエイとソイの混合型。筋肉をつけるアミノ酸バランスのよいホエイ、大豆の栄養も享受できるソイ、双方のいいとこ取りができます。

ビタミン、ミネラルなど女性にうれしい成分をプラスした栄養添加型のものも多いので、プロテイン初心者の導入としてもおすすめです。

「プロテインダイエット」って何?


プロテインがダイエットにも効果的な理由

プロテインは“飲めばやせる”という魔法の薬ではないけれど、代謝を上げたり、体の再生を促したりなど、ダイエットをサポートしてくれる頼れる味方。最近よく耳にする『プロテインファースト』というのも、食事の際、最初にプロテインをとることで、血糖値の急上昇を防ぎ、脂肪をためにくくしてくれる効果が期待できます。

また、飲んでみるとわかりますが、結構お腹にたまるため、食べ過ぎ防止にも役立ちます。実際、食欲抑制ホルモンといわれるレプチンの分泌には、たんぱく質が関わっているため、生活の中に上手にプロテインを取り入れることで、ラクに効率的にダイエットできるようになります。

▶「筋肉を増やすルーティーンは2時間前のおにぎり→神トレ→直後のプロテイン!?」を読む

ダイエットのための飲み方のコツ

 

プロテインは1杯飲んでも約50~60kcalと低カロリー。ただ、今までプロテインを飲んでいなかった人が、食事を全く変えず、運動も全くせずに、プロテインを1杯追加すれば、当然そのぶんのカロリーはプラスされます。ダイエット目的で飲むなら、プロテインを飲む代わりに、糖質を減らすなどしましょう。甘いジュースやカフェドリンクなどと置き換えれば、逆にカロリーオフにも役立ちます。

プロテインは薬ではないので“いつとらないといけない”という決まりはありません。それよりも体に必要な量を毎日とり続けることが重要です。そこで、ムリなく美味しくプロテインを摂取できるアイデアをご紹介。自分の生活に合ったプロテインのとり入れ方を探してみて。

忙しい朝は1杯で栄養をチャージできるプロテインドリンク

 

もっともたんぱく質をとりづらいのが朝。卵1個食べても、たんぱく質は約6gしかとれません。忙しくてしっかり朝食をとる時間がない人でも、粉末タイプのプロテインを水か牛乳に溶かすだけのプロテインドリンクなら、手軽にプロテインを補給できます。

ビタミン、ミネラル、コラーゲンなど女性にうれしい成分も入った栄養添加型のものなら、それ1杯だけである程度の栄養も一緒にとれちゃうのでおすすめ。また、普段青汁やスムージーを飲んでいる人なら、そこにプロテインをプラスするだけでもOKです。

朝の活動前のプロテインで燃えやすい体をつくる

 

本来は運動と組み合わせるのがベストなプロテイン。運動しない人がとる場合、もっともおすすめな飲むタイミングは朝です。エネルギーをチャージすることで朝のスイッチが入り、代謝もアップ。もっとも活動量が増える前に飲むことで、飲んだ後の通勤や家事などの活動が運動代わりとなり、消費しやすい体がつくられます。

ちなみに、ダイエット目的で飲む場合、水より牛乳や豆乳で割ったほうが、腹持ちがよくなるためおすすめ。そのぶんカロリーは少し上乗せされますが、小腹がすいてついお菓子を食べちゃうよりは、結果として低カロリーに抑えられます。

▶「効果的なおうち筋トレの方法とは?」を読む

外出時にはコンビニで買えるギリシャヨーグルトやプロテインバー

 

夕方のおやつタイムは、ダイエットをしている女性にとっては魔の時間。昼食と夕食の間隔がかなり空くため、小腹がすいてついお菓子などに手が出てしまいがちです。

そこでおすすめなのがプロテイン。夕方のお腹がすく時間帯にプロテインをしっかり摂ると、小腹が満たされるので間食にぴったり。夜の食べ過ぎ防止にも役立ちます。また、普通のおやつより低カロリーなのでダイエットにも効果的です。

外出時にプロテインを摂りたいときにはギリシャヨーグルトやプロテインバー。スーパーやコンビニなどで手軽に買えるので、会社など外出先でも手軽にプロテインを補給できます。ヨーグルトにはナッツをのせると、さらに高プロテインとなり、食感や食べ応えもアップ!

手作りプロテインスイーツなら低コストで満足度大!

在宅の場合は、おやつにプロテインスイーツを手作りしてみても。プロテインドリンクの粉末をそのままスイーツの材料として使ってしまえば、安上がりでヘルシーなプロテインスイーツができあがります。「料理は苦手…」、「何をどう作ればいいかわからない…」という人のためのイチオシメニュー。“混ぜて焼くだけ”の超簡単なプロテインチーズケーキなら、美味しくて腹持ちも抜群!

世界一カンタンなプロテインチーズケーキ

◆材料(15㎝型1個分)

プロテイン30g
卵1個
ギリシャヨーグルト150g
クリームチーズ150g
砂糖(ラカントやスローシュガーが理想)10g

◆つくり方

 

1.すべての材料をミキサーで混ぜる
2.型に流し入れ、170℃に余熱したオーブンで30分焼く

プロテインは甘めのもの、特にビーレジェンドのミルキー味がおすすめです。優しい甘みなので、はちみつをかけたり、フルーツをトッピングしたりなど、お好みで甘みを足すとさらに満足感もアップします。


眠れない夜はホットのプロテインでお腹を落ち着かせる

 

忙しくて夕飯を軽く済ませてしまった日などは、夜寝る前になって空腹が襲ってくることも。空腹で眠れずに何かを口にしたくなったら、温かいプロテインドリンクを1杯飲んでみて。ホットで飲むと気持ちもお腹も落ち着いてきます。

ただし、動物性プロテインは加熱し過ぎると変異を起こすため、60~70度くらいまでに抑えるのがコツ。水や牛乳で割った後、500wのレンジで約70秒温めるだけでOKです。熱々で飲みたい場合は、ソイなど植物性プロテインを選びましょう。栄養添加型のプロテインは、加熱によりビタミンなどが壊れてしまうので、栄養成分を確認することも忘れずに。

プロテインには、就寝中の成長ホルモンの働きを促す効果もあるので、夜プロテインもおすすめです。

プロテインでムリなく-4㎏のダイエットに成功!

 

どんなダイエットも、基本は摂取カロリーより消費カロリーを増やすこと。ダイエット目的でプロテインをとる場合も、例外ではありません。

私の場合は、プロテインを飲んだぶん、食事での糖質量を減らしました。また、運動しない代わりに1日7000歩は歩くように。するとゆるやかに体重がダウンしていき、最終的に-4㎏のダイエットに成功!やつれたり、こけたりせずに、健康的にやせられたうえ、お肌の調子もよくなりました。

それまでのダイエットでは、ジムで何時間も運動したり、エステで激痛マッサージに耐えたりなど、苦しいわりには全然やせなかったけど、プロテインは何よりラク!5秒で作れて、10秒で飲める世界なので、忙しい人でもムリなく続けられます。そして、1杯あたり100円前後とコスパもいい!経済的にもサステナブルなアイテムです。

成分、味、コスパ3拍子揃った人気の「女性向けプロテイン」厳選5


一昔前までは「クセがあり飲みにくい」と言われていたプロテインですが、今や味ものどごしも格段に進化。甘味もしっかりついているし、チョコ、抹茶、バナナなど様々なフレーバーもあり、飲みやすいものが増えています。ただ、中には添加物が多いなど成分的に残念なものや、輸入物で日本人好みの味ではないものも。

プロテイン美活の肝は、毎日継続してとり続けること。体に安心・安全で、飲みやすくて、お財布にもやさしいものじゃなきゃ続けられませんよね。そこで、250種類以上のプロテインを飲み尽くしてきた中から、自信を持っておすすめする女性向けプロテイン厳選5種をご紹介します。

高たんぱく低糖質でダイエットの味方

FIXIT

FIX-IT DAILY BASIC ホエイプロテイン バニラ

女性好みの可愛いパッケージは、一見すると海外物のようにも思えますが、中身は安心・安全な純国産。吸収のよいホエイプロテインを100%使用し、たんぱく質含有量も80%以上と高水準です。糖質はギリギリまで抑えられていて甘過ぎないので、ダイエット中の女性にも安心。バニラのほか、ストロベリー、バナナ、コーヒーなど、フレーバーも豊富です。

1食当たり90円弱とコスパもいいので、朝食やおやつに飲んだり、様々なシーンでプロテインをとりたい人におすすめ。1食30g当たりたんぱく質量…22.8g


甘党も満足なデザート系プロテインはおやつにも最適!

be LEGENT ミルキー ミルキー風味/Real Style

be LEGEND ミルキー ミルキー風味

アスリートの愛飲者も多いビーレジェンドが、老舗お菓子メーカー『不二家』とコラボ。アミノ酸スコア100のホエイプロテイン100%使用というビーレジェンドブランドはそのままに、本家さながらのミルキー味が再現されています。甘さの秘密はミルキーで実際に使われている練乳。しっかりした甘さは、おやつとして飲んでも満足感が高く、子どものおやつとしてもおすすめです。

気になる糖質量は、通常のプロテインと変わらないのも安心。プリンやケーキなどお菓子作りに使ったり、青汁を入れても美味しく飲めます。1食30g当たりたんぱく質量…21.0g


女性にうれしい栄養が一挙にとれる!朝食のプラス1品に

ディアナチュラアクティブ ソイプロテイン ソイミルク味/アサヒグループ食品

ディアナチュラアクティブ ソイプロテイン ソイミルク味

サプリメントでもお馴染みのアサヒのディアナチュラシリーズから出ているソイプロテインは、ビタミン、ミネラル、乳酸菌など女性にうれしい成分が全23種も入った栄養添加型。忙しい朝でも、パンやおにぎりにコレを付けただけで、栄養バランスのとれた朝食ができあがるから、「アレコレ考えたくない!!」という人にもピッタリです。

ドラッグストアなどにも置いてあるし、価格もお手頃なので、初心者の導入としてもおすすめ。ソイミルクのほか、ココアやカフェオレなどフレーバーも豊富で、どれも美味しくて飲みやすい!1食22.5g当たりたんぱく質量…15g


ホットも美味しい!スーパーフード入りの美容系プロテイン

ボタニカルライフプロテイン きなこ味/アンファー

ボタニカルライフプロテイン きなこ味

大豆由来のソイプロテインに、異なる特徴を持つ玄米やヘンプ由来のプロテインも配合した100%植物性のプロテイン。アサイー、スピルリナ、チアシードなど、話題のスーパーフードも全20種入った、まさに女性のための美容系プロテインです。香料・着色料フリーの安心・安全設計。甘味には白砂糖の代わりに黒糖を使うなど、原材料にもトコトンこだわっています。

上品な味わいで、温めても美味しく飲めるので、就寝前にホットで飲むのもおすすめ。1日の終わりにほっと一息つける1杯です。1食25g当たりたんぱく質量…11.2g

味変自在!プロテインひろこ監修の朝専用プロテイン

タンパクオトメ

タンパクオトメ すこやか朝バナナ味

自然食品屋タマチャンショップが作った美容専門プロテイン。ホエイ&ソイプロテインをWで配合し、不足しがちなビタミン・ミネラルなどの美容・栄養成分もたっぷり入ってます。「すこやか朝バナナ味」は私自身が“毎朝飲みたい理想の1杯”にこだわって監修させてもらったもの。本物のバナナピューレを使用し、朝のエネルギーチャージにピッタリの1杯です。何にでも合うので、黒ごまやココアパウダーを入れたり、ヨーグルトに混ぜたり、コーヒーで割ったりなど、アレンジも自在。その日の気分によって手軽に味変できるのも魅力です。1食15g当たりたんぱく質量…11.0g


【これもチェック】編集部おすすめ!コーヒーの新感覚プロテイン

カフェテイン

ダイエットサポートコーヒー【カフェテイン】

糖質が多くなりがちなスムージーや青汁と比べ、1杯あたり2.7gの糖質しか含まれていないプロテイン。カロリーも1杯あたり35.5kcalと低く、コーヒーに含まれるカフェインとクロロゲン酸がダイエットをサポートしてくれます。牛乳で溶かしてカフェラテ風、豆乳で溶かしてソイラテ風、牛乳と氷と一緒に混ぜてフラッペ風…など、コーヒーならではの様々な味わいを楽しめるのが特徴です。1食10g当たりたんぱく質量…5.39g


◇ ◇ ◇
Profile

プロテインひろこさん

プロテインひろこ
運動しないプロテイン愛好家として、美容・健康食としてのプロテインを提案。
たんぱく質のスペシャリストであるプロテインマイスターRとして、TVや雑誌で活動中。プロテイン商品のプロデュースにも携わる。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //