日焼けしないために皮膚科医もひそかに実践してる夏の習慣は!?【色白美人さんの夏の習慣・前編】

#美容・健康 
焼かないために皮膚科医もひそかに実践してる夏の習慣は!?

「ベタつくのが嫌いで」
「面倒くさし」と、日焼け止めを塗っていない方〜!(※私です)

今はズボラさんにぴったりのUVアイテムが多数出ているようです。

「一度浴びた紫外線の影響はリセットできずに蓄積されて5年後、10年後の肌に現れます!」
と教えてくれたのは、銀座ケイスキンクリニック院長の慶田朋子さん。

教えてくれたのは▷銀座ケイスキンクリニック院長/慶田朋子さん

教えてくれたのは▷慶田朋子さん/銀座ケイスキンクリニック院長
美容皮膚科医、医学博士、レーザー専門医/皮膚科専門医。
東京女子医科大学医学部卒。同大の皮膚科助手、美容クリニック勤務などを経て、銀座ケイスキンクリニックを開設。
最新の医療機器と注入治療をオーダーメイドで組み合わせ、「切らないハッピーリバースエイジング」をかなえる美容皮膚科医として活動。
著書に『女医が教える、やってはいけない美容法33』(小学館)など。

焼かない習慣3カ条

1. 気がゆるむ室内こそ焼ける

2. 日焼け止めは重ねるのが新常識

3. 最新UVカットアイテムで賢く時短美白


こんなに徹底してケアできないよ! と思いきや、意外とラクに続けられるコツが満載。
できるところからお試しを!

次ページ:色白美人の夏の1日に密着!意外とラクに続けられるコツとは!?(2/4)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //