アプリひとつ消せないなら片付けもできない! ミニマリスト スマホの中を片付ける(2)

#くらし 

使うアプリは1画面に整理


不要なものを捨てたら、次は、必要なものを使う頻度やシーンごとに分類していくのが、整理収納の基本です。
スマホの中を片付けるときも、使用頻度の高いアプリは扱いやすい位置に配置し、なるべく少ないアクション数で操作ができるようにしておくと、サクサクと使えるようになります。
整理収納アドバイザーでもある私の「スマホ管理マイルール」が、これ。

①すべてのアプリは1画面に収める
②使用頻度【高】の4アプリは、親指でタップしやすい一番下に配置する
③使用頻度【中】は画面の上半分に配置
④使用頻度【低】はカテゴリー別にフォルダに分ける


アプリを1画面に収める最大のメリットは、必要な情報を瞬時に把握でき、操作効率が格段に上がることです。
フォルダにアプリをまとめるときも、ひと目で中身がわかるように1画面にまとめ(9個まで)、情報を「見える化」しておくことが、スマホを効率的に使うためのポイント。
なぜなら、フォルダの中にアプリをたくさんため込んでしまうと、使うたびに画面をスワイプして、アプリを探すことになるからです。

探し物をしている時間は、人生の最大の無駄!

使用頻度に合わせてアプリを配置したら、とりあえず使ってみる。
使いづらければ、アプリの配置を変えたり、フォルダのまとめ方もどんどん変えて、もっと使いやすくするにはどうしたらいいのかを考えてみる。
それが、スマホを自分らしくカスタマイズしていく、ということです!
以前、私のブログでスマホの画面を紹介したことがありました。その後、書籍を出し、会社員を辞め、ブログやSNS、雑誌などでの発信が仕事の中心になり、環境が大きく変化したこの1年。アプリの配置も大きく変わりました。

例えば、メイン画面の一番下にある4つのアプリ。
最も親指でタップしやすい左側には、スマホ購入時は「電話」のアプリが入っています。
私も昨年までは「電話」でしたが、今は、「カメラ」です。
2日に1回更新するブログ用の撮影で、カメラの使用頻度が圧倒的に高くなってしまったからです。

道具は、スイッチやハンドルの位置で、使い勝手がガラリと変わります。
スマホの場合は、アプリの配置で使い勝手が全く変わってきます。しかも、その配置を自分で自由に変えられるのですから、何というスグレモノ!
日々、変化していく私のスマホの中身ですが、現時点での代表的なフォルダを紹介しておくと、こんな感じです。

・お金フォルダ
家計簿、クレジットカード、銀行、コード決済のアプリなど。
・お買物フォルダ
楽天市場、楽天ROOM、メルカリなど。
・写真フォルダ
SNSへ載せる写真を加工するアプリなど。
・エンタメフォルダ
動画サービス、音楽、テレビ番組表、楽天マガジンなど。
・ポイントカードフォルダ
ポイントカードアプリや診察券、お薬手帳など。
・食べ物フォルダ
宅配、グルメの口コミ情報など。
・旅行フォルダ
海外用SIMのデータ管理アプリや、翻訳、フライト、配車予約アプリなど。
・SNSフォルダ
チャットワークやフェイスブック、名刺管理アプリなど。
・その他フォルダ
家電の操作、スマホの料金確認などあまり使わないものをまとめています。

スマホのアプリは1 画面に収める

最も使用頻度が高いアプリは、親指でタップしやすい一番下の段に。1日に1回以上使うアプリは、ワンタップで開けるように上段に。使用頻度が低いアプリはカテゴリー分けしてフォルダーにまとめ、すべてを1画面で把握。


著=飯島彩香/ミニマリスト スマホの中を片付ける(KADOKAWA)

ミニマリストあやじまのブログ:https://ayajima.com/

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //