手のひらにトゲトゲ生えてる! 使いやすさビックリ【3COINS】の「シリコンブラシ手袋」

#食 

ついに12月も下旬に突入。
ということは、大掃除の時期でもあるわけで、今年こそは切羽詰まらないうちに日々の家事と並行していろんな所の気になる汚れを落としていかなくちゃ…と殊勝に思ってはみるものの気分は乗らず。。。

せめて、掃除するのが楽しくなるようなテンションあげあげ掃除グッズがあればいいのに、と【3COINS】をのぞいてみました。

と、あったじゃないですか! 思わず、え!?と二度見しちゃうグッズが掃除コーナーに。

その手があったか!の「シリコンブラシ手袋」

なんと!「シリコンブラシ手袋」500円(税抜き)。
手のひら全面がシリコンブラシになっている手袋です。

【画像を見る】ブラシ部分は毛足が長くてかなりワサワサ。手触りはソフトタッチ

【3COINS】のヒット商品に「シリコーンたわし」がありますが、それと掃除用ゴム手袋を合体させちゃった感じ?と思いきや、こちらは“ブラシ”と名乗っているだけあって、毛足が長くてかなりワサワサ。

そして、ブラシ部分の手触りもかなりソフトタッチ。

袖口にちょこんとついてる穴で、使用後は引っかけ収納できる

カラーは白のみ。
サイズは約幅15×長さ34cm。
材質はシリコン。
耐熱耐冷温度は約-40~240℃。家庭用の食洗機でも洗えるのが嬉しいところ。

袖口には吊るし収納用の穴も開いています。

でも、つけ心地はいかに?

両手にはめてみた!

というわけで、両手に装着!
シリコン製のうえ、手袋の中がエンボス加工されているので、装着感も家事用ゴム手袋に比べてしっかりしっくり馴染みます。

うひゃひゃ、手にはめただけでなんだか楽しくなってきちゃった♪ これなら面倒な食器洗いもテンション高くこなせそう。

細めの箸やカトラリー類もしっかり洗いやすい

箸やカトラリーなどを持っても滑る感じはまったくなく、片手で持って、もう片手でゴシゴシ。
毛先が約1cmと長め&ソフトなので、洗剤もよく泡立ちます。

皿類もなでなでするように洗える

お皿も安心して洗えます。
ん? 何かがこびりついてるな、という感触も手にちゃんと伝わってくるから、洗い残しの心配もありません。

いや~ん、楽しい♪ もっとほかに洗うものなかったっけ?と、普段はとっとと洗いものから解放されたい私らしくもなく、手袋をはずすのが名残惜しく…(笑)。

あ、そういえばパッケージのシールにはほかにもいろいろな使い道が書いてあったんでした。

食器洗い・鍋つかみに、きっちんやバスルーム・トイレ掃除に、とちゃーんと書いてある!

キッチン・バスルーム・トイレ掃除のほか、ペットブラシとしても使えるとか。
確かに、このソフトタッチでなでられたら猫や犬も喜びそう。

でも、私がピカッ!ときたのは、浴室掃除です。
これなら、アレも洗いやすいのでは?と、食器洗い用洗剤をよ~く洗い流してから浴室へ移動。

凹凸があって洗いにくい蛇腹タイプのふたもラクラク

そう、アレとは凹凸部分が洗いにくい蛇腹式のふた。

早速、浴室用洗剤をブラシ部分にシュシュッとスプレー、ふたを両手ではさんでゴシゴシ。
予想は見事的中! 溝部分にもブラシの毛先が届くから洗いやすいったらありゃしない~!!

これまではブラシでゴシゴシしてたから飛び散った泡が顔にかかったりして、やりたくない家事の上位でしたが、この「シリコンブラシ手袋」ならラクラク簡単!

シャワーヘッドをゴシゴシ

蛇口も片手でクリクリ

ついでに、シャワーベッドをゴシゴシしたり、蛇口部分も洗ったり。
天井こそ手は届きませんが、浴槽だって壁だって手のひらでゴシゴシしていけばいいだけだから、作業がはかどるはかどる。

使用後はよく洗い、水けをきって乾燥させておけばOKなので、袖口にちょこんとついていた引っかけ穴にS字フックを通して、浴室に吊るしておくことに。

となると、食器洗い用にもう1つ購入しなくちゃ! この楽しさはキッチン用と浴室用に1個ずつ購入しても惜しくありませんわ~(笑)。

ちなみに、パッケージのシールには「食器洗い・鍋つかみ」と書いてあるので、鍋つかみとしても使用可能なようですが、取り扱い注意部分には「熱湯や熱い土鍋を持った場合、短時間では手に熱さは感じませんが、時間が長くなれば熱を感じます。断熱ではありませんので、火傷にはご注意ください」とのアテンションが。また、漂白剤の使用もNGです。

やりたくないなぁと思う家事だって、使うだけで楽しくなっちゃうグッズがあれば、重い腰も上がるはず(私のように)。
見た目はビックリのユニークさですが、使いやすさもそれ以上にビックリの「シリコンブラシ手袋」。これからの大掃除に向けて(いや、年間通して活躍してくれますけどね)、声を大にしておすすめしま~す!

文=カッパスキー

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)