不機嫌は収納で解決できるの?整理収納アドバイザーの中山真由美さんに聞いた「私の心の整え方」【自分の機嫌は自分でとる・後編】

#くらし 
10

私たちの機嫌を上げるとっておきアイテムたち

ちょっと気分が上がらないとき、どんなものでモチベーションを上げるのか…。
読者のアイディアを見せてもらいました。

マスク生活でもあえて赤いリップを

マスク生活でもあえて赤いリップを
疲れを感じたときは、発色のいいリップを塗ると顔色だけじゃなく気分も上向きになります。
お菓子のダラダラ食べもやめられて◎。
(33歳・みこさん)

マンガで涙活 心のデトックス

マンガで涙活 心のデトックス
「感動」することが好きなので、温かい気持ちになれるマンガの世界に入り込んで思い切り泣きます。
共感の涙を流すことで心がすっきり!
(34歳・ゆうさん)

柔軟剤の香りを気分でチョイス

柔軟剤の香りを気分でチョイス
ふだんから好きな香りの柔軟剤をいくつかストック。
そのときの気分に合わせて選んだ香りで洗濯をすると、一日のやる気がアップ。
(36歳・かめさん)

名言や格言を読んで気持ちを整える

名言や格言を読んで気持ちを整える
SNSなどでいいなと思ったつぶやきはすかさずスクショ。
モヤっとした気持ちになったときに見返すと「……がんばろ!」って思えます。
(43歳・さやさん)

一日の終わりに自分へのごほうびビール

一日の終わりに自分へのごほうびビール
ご当地物や海外ビールを用意すれば、手軽に旅気分。
揚げるだけで完成する、業務スーパーのたこのから揚げが最高のおつまみです!
(38歳・あーさん)

深夜時間のお供は自分へのねぎらいアイス

深夜時間のお供は自分へのねぎらいアイス
家族が寝静まってから1人時間を満喫。
アイスを片手に、きょうあったことを振り返りながらあすのことを考えると、気持ちがリセット!
(40歳・アイスさん)


<レタスクラブ’21年2月号より>

イラスト/たけのこスカーフ 取材・文/恩田貴子、細川眞由美

この記事に共感したら

Information

教えてくれたのは▷中山真由美さん
Ritta Stanza 主宰。整理収納アドバイザー。
最新刊『10分でスッキリ!捨てない片づけ』(主婦と生活社)が発売中。




雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’21 4月号』情報はこちらから▼

材料2つだけで充分おいしい!/ボリュームたっぷり 春の混ぜご飯/お手軽食材が大変身/ウイルス・花粉・ほこり対策はまず!床掃除から!/今お金のプロは、電気代&ガス代を見直している/落ち込んだらポジティブヨガ!/【とじこみ付録】まるごと買ってもムダにしない!キャベツ食べ切りBook


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //