吉永麻衣子先生のオンラインセミナー「初めてでも簡単!こねないパン講座」開催!

#食 
 

雑誌『レタスクラブ』が主催するオンラインイベント「レタスクラブプレミアムセミナー」。今年は新型コロナウイルスの影響から初のオンライン開催となりました。
その中で行われたミニセミナー「初めてでも簡単!こねないパン講座」では、パン講師・料理家の吉永麻衣子先生が「忙しいママでも毎日焼けるパン」を教えてくれました。

cottaの「基本のこねないパンキット」で計量いらず!

 

今回使う材料はこちら。
小麦が香るモチモチ食パンミックス ... 1 袋(260g)
• インスタントドライイースト ... 1 袋(3g)
• 水...150g
この材料でこぶしサイズのパンが15個ほど作れます。

事前応募から抽選で当選された読者の方の手元には、レタスクラブ編集部より【cotta*コッタ】の「基本のこねないパンキット」をお届けしていました。(マグボトルはパン作りには使いませんが【cotta*コッタ】さんのご好意でいただきました!)

 

こねないパンは普通の強力粉でも作れますが、ミックス粉だともっと簡単!
国産小麦・無添加の「小麦が香るモチモチ食パンミックス」の中には、強力粉、バター、 砂糖、塩など様々な材料がミックスされていて、計量いらずで超簡単に作れちゃうのが嬉しいところ。まずはミックス粉一袋分を保存容器(約18×26×高さ5.5cm)に入れていきます。

 

次に、水150ccの入ったボウルにドライイーストを振り入れます。ドライイーストはスプーンなどで混ぜるとダマになるので、なるべく重ならないように振り入れて自然に溶け込むのを待ちましょう。
ドライイーストが沈殿してきたら少しずつ保存容器に入れて粉を練り混ぜていきます。

 

粉っぽさがなくなるまでカードで切るように混ぜましょう。パン作りというと広いスペースでバンバン叩く重労働なイメージがあると思いますが、今回の作り方では保存容器の中で生地を合わせていくだけなので、汚れないし後片付けもとっても楽なんですよ。

 

かたまりになってきたら手で混ぜていきます。この時いきなりてのひらを使ってしまうと生地が手にべっとりついてしまうので、生地を半分に折ってグーパンチしてください。真ん中に生地を集めるようなイメージで半分に折り曲げる動作を繰り返すのがポイントです。保存容器の周りに付いた粉もしっかり集めてくださいね。

 

こんな感じでひとかたまりになったらOKです。あとは容器にふたをして冷蔵庫に入れ、約8時間おきましょう。夜のうちにここまでの作業をしておけば、朝起きたら切って焼くだけです。
生地は冷蔵庫で約5日間保存が可能です。その際には、過発酵をふせぐために1日1回丸め直しをしてくださいね。

 

冷蔵庫の中に入れておいた生地は発酵が進んで2倍ほどにふくらみます。焼きたい分量を決めたら粉をふるい、カードで生地をカットします。成形する必要はなくただざっくり切って焼くだけ。この程度の作業なら忙しい朝でもできそうですよね。

 

天板の上にくっつきにくいアルミホイルを敷いて、オーブントースターで10分前後焼きます。

 

ジャーン!できあがりがこちらです!
余裕のある週末に多めに生地をこねておいて、平日の朝、食べたい分だけ焼き上げるのがおすすめの活用法です。今回は切って焼いただけですが、メロンパン、ウインナーパン、ピザ、など、アレンジもいろいろ楽しめますよ。もっと吉永先生のパン作りが知りたい方は、通信講座の 「おうちパンマスター講座」があります。

最後に、cotta代表取締役社長の黒須綾希子さんと吉永先生によるオンライントークがありました。黒須さん自身、「計量がめんどくさい」という理由からパン作りが続かなかった経験があるのだそう。そこで、気に入った配合を袋に詰めて計量いらずですぐ使えるオリジナルのミックス粉を作ったんですって!

あまりの工程の少なさにイベントの司会者さんもびっくりしていた今回のミニセミナー。【cotta*コッタ】のミックス粉で、毎朝焼き立てのパンからはじめる生活を楽しんでみませんか?

取材・文=宇都宮 薫


この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)