掃除の前後で違いは歴然。網戸をピカピカにするコツ

風が気持ちいい季節になってきました。窓をあけて網戸で過ごそうとすると、目に入ってくるのが網戸の汚れ。でも、面倒だから、と掃除を後回しにしがちです。

そこで、「コツさえ押さえれば掃除は簡単!」を実践する、生活研究家の阿部絢子さんに、網戸のラクチン掃除方法を教えてもらいました。

1.たわしやブラシでほこりを払い落とす

まず網戸掃除でやっておきたいのが、網目に詰まったほこりやゴミを取り除くこと。室内にほこりが入らないよう、窓を閉めて行ないましょう。網戸の外側から使い古したたわしやボディブラシ、風呂掃除用ブラシなどを上から下へと動かし、ほこりを払い落とします。力を入れてこすると網がたわむもとなので、サッサッと軽く払い落とす感じで。

2.ぬれ雑巾2枚で両面を挟んで拭く

次に、土や砂ぼこりなど表面についた汚れは、ぬれ雑巾で両面を挟んで拭くと効率的。水で絞った雑巾を2枚用意。窓をあけ、網戸を両面から雑巾で挟み、両手をクルクルと前へ回転させるように拭いていきます。上から始めて、下へ。雑巾はまめに汚れを落とし、きれいな状態で拭くこと。片面ずつ拭くと、力が入り過ぎて網がたわむおそれがあるのでNGです。

3.サッシの溝の汚れはぬれ雑巾を割り箸に巻きつけてこすり取る

最後に、サッシの溝にたまった砂やほこりも取り除いておきましょう。水拭きで使い終わったぬれ雑巾を、溝の幅に合わせて割り箸に巻きつけ、グイッと差し込んで溝の砂ぼこりをこすり取ればOK。隅っこに溜まった砂は、使い古した筆でかき出します。固まってなかなか取れない場合は、水をかけてふやかしてから払えばラクに落ちますよ。

普段は目立たちませんが、網戸って意外に汚れています。汚れがあると風通しも悪くなるので、定期的に掃除して、気持ちよく室内に風を通したいですね!

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】