からっと揚げるかき揚げが決め手の「かき揚げざるうどん」/夫はホテルオークラ元総料理長、妻は料理家 ふたりのごはん(10)

#食 
からっと揚げるかき揚げが決め手

『夫はホテルオークラ元総料理長、妻は料理家 ふたりのごはん』10回【全10回】


ホテルオークラ元総料理長の根岸規雄さんと、その妻で人気料理家である石原洋子さんによる、世代を超えた学びが盛りだくさんのレシピ本『夫はホテルオークラ元総料理長、妻は料理家 ふたりのごはん』

「特別な食材や調味料を使うのではなく、時間をかけて、ひと手間かけることを惜しまないのがおいしさのコツ」というこだわりの詰まったレシピが満載の本書から、編集部厳選レシピをご紹介します。今回は「からっと揚げるかき揚げが決め手の『かき揚げざるうどん』」です。料理界のトップを極めたふたりの豊かな普段の食事を、ぜひ作ってみてください!

※本記事は根岸規雄、石原洋子著の書籍『夫はホテルオークラ元総料理長、妻は料理家 ふたりのごはん』から一部抜粋・編集しました

かき揚げざるうどん

天ぷらは何種類か食べるとおなかがいっぱいになりますが、かき揚げは1つで具もいろいろ入るので食べやすく、めん類に添えるにはちょうどいいと思います。大量に作るわけではないので、時間もかからず、手軽に揚げられます。後始末が面倒という方は、小さめのプライパンに2cmぐらいの高さの油を入れて揚げ焼きのようにすればOK。衣はややかためにして、ざっくり混ぜるのがコツ。具にからませて揚げます。このとき衣が多いとはがれやすいし、ばらけるので、薄くつけるのがポイントです。
めんつゆはその都度自分で作ります。だし汁1カップにみりんとしょうゆが大さじ3の同量で簡単。絶対買うよりおいしいですよ!(洋子)

材料(2人分)

むきえび…150g
三つ葉…1パック(50g)
〈衣〉
・小麦粉…1/2カップ強
・水…適量
・溶き卵…1/2個分
揚げ油…適宜
〈めんつゆ〉
・だし汁…1カップ
・みりん…大さじ3
・しょうゆ…大さじ3
大根おろし…適宜
長ねぎ(小口切り)…適宜
うどん(乾めん)…2人分

作り方

1 めんつゆを作る。鍋にだし汁を煮立ててみりんを加え、アルコール分を飛ばしてしょうゆを加え、ひと煮する。

2 むきえびは、あれば背わたを取り、片栗粉少々(分量外)をまぶしてもみ、流水できれいに洗って水気を拭き取る。三つ葉は根を切り、2cm長さに切る。

3 衣を作る。計量カップに卵を入れ、水を1/2カップになるまで注ぐ。ボウルに移し、小麦粉を加えて軽く箸で混ぜる。2を4等分して小さい器に入れ、小麦粉少々をふってまぶし、衣を加えて混ぜる。

4 揚げ油を170℃に熱し、3を1つずつスプーンで入れ、3~4分カラッと揚げ、油をきって器に盛り、大根おろしを添える。

5 うどんはたっぷりの熱湯でゆでて冷水にとり、ざるに盛り、めんつゆ、長ねぎを添える。

著=根岸規雄、石原洋子/『夫はホテルオークラ元総料理長、妻は料理家 ふたりのごはん』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)