乾燥、ニキビ、日焼け…マスク時代の新常識を正しく知って、夏の肌トラブルを回避しよう!

#美容・健康 
マスクによる肌トラブルに悩まないために

暑くなるにつれ、さまざまな肌のトラブルも増えてきます。
特に最近はマスク生活によって、これまでになかったようなお悩みも。本格的な夏を迎える前に知っておきたいことを取材しました!

教えてくれたのは▷山本綾子先生/山本ファミリア皮膚科 駒沢公園 院長。医学博士。

教えてくれたのは▷山本綾子先生/山本ファミリア皮膚科 駒沢公園 院長。医学博士。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。アトピー性皮膚炎治療研究会所属。アトピーや湿疹改善などの皮膚の健康、そして美容に関する情報を雑誌や講演会などでも発信。

ことしの夏、肌トラブルに悩まないために知っておきたいこと

まだまだ続きそうなマスク生活。
去年の夏は「肌が荒れた」「ニキビができた」「なぜかカサつく」など、さまざまなお悩みの声が聞こえてきました。

マスク生活では、さまざまな原因で肌トラブルが起きます。

・マスクで蒸れる
・マスクが肌にこすれる
・マスクの下の日焼け対策を忘れる
・マスクで表情筋を動かさなくなる


それぞれの注意点をチェックしておきましょう。

マスクの内側は蒸れているけど、乾燥しやすい! 保湿に注意

マスクをしていると息や汗で湿度が高くなるので、保湿できている気になってしまいますが、それは大きな誤解。
マスクを外すとこもっていた水分が蒸発し、肌から水分が奪われ、一気に乾燥状態に。

さらに、最近猛暑のせいで室内のエアコンはフル回転。
冷房にしていなくても、湿気対策に「ドライ」にしている家庭も多いのではないでしょうか。
このような状況で、マスクをしている屋外でも、マスクを外した室内でも、肌は乾燥にさらされています。

「マスクで蒸れるから」と油断せず、保湿をしっかりするようにしましょう。

こすれてニキビになることも。つけ方を見直して

汗や蒸れを感じたら、清潔なハンカチで拭く

マスクの中は高温多湿。雑菌が繁殖しやすい状態になっています。
また、マスクと肌がこすれて刺激となり、肌のバリア機能が低下。
これらの要因が重なって、ニキビや肌荒れが起こりやすくなることも。
まずは、下記の基本事項を確認してみて!

・汗や蒸れを感じたら、清潔なハンカチで拭く
・顔にきちんとフィットして、こすれが生じないような、自分の顔のサイズに合ったマスクを選ぶ
・立体的なマスクを選んで、肌に当たる部分を少なくする
・不織布のマスクは蛇腹をしっかり開き、立体の形にしてから隙間なく着用する


また、人がいないような時間帯 の散歩などソーシャルディスタンスが保てるような状況だったら、マスクを外して蒸れを解消するのもいいでしょう。

次ページ:マスクの下の日焼け対策や、表情筋の運動不足にも気をつけて(2/2)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //