ダルダル~な下半身を改善!座ってできる足首体操で筋肉がよみがえる/あぶら身をごっそり落とす40代からのきくち体操(4)

#美容・健康 
足首の力をつよう!

『あぶら身をごっそり落とす40代からのきくち体操』4回【全8回】


丸い背中に、ぶよんと突き出た下腹…。たるたる体型の原因は、身体に必要な筋肉が痩せて「あぶら身」になっているから!そう提唱するのは、「きくち体操」でおなじみの菊池和子さん。菊池さんは「やせる身体」ではなく、「育てる身体」「変わる身体」で自身を見直し、現在87歳にして驚きの美と若さと健康を維持しています。

正しい姿勢&簡単な体操を続けることで、あぶら身に隠れてしまった筋肉を復活!キュッと引き締まった若見えボディを目指しましょう。

シリーズ累計100万部突破!その場で実践できる簡単体操が大好評!菊池和子著『40代から始めよう! あぶら身をごっそり落とすきくち体操』から「ダルダル~な下半身を改善!座ってできる足首体操で筋肉がよみがえる」をお送りします。

※本作品は菊池和子著の書籍『40代から始めよう! あぶら身をごっそり落とすきくち体操』から一部抜粋・編集しました

【画像を見る】あぶらみちゃん(左)と菊池和子先生

あぶらみちゃん(左)

菊池和子先生の一番弟子であるブタの妖精。日本の、特に若い女性たちの衰えを本気で心配している。気になる女子にグイグイ声をかけて日々指導にあたる。シッポとまつげにおしゃれ魂をぶつける。

さぁ浅く腰掛けて足裏全体で大地を踏みしめるように力いっぱいふんばってごらんなさい


足裏全体で大地を踏みしめるように力いっぱいふんばってみよう!


◎POINT

背すじを伸ばしたまま上体を少し前に倒す

軽くひざを開く

足指を1 本1 本しっかり開く


◎アドバイス

中指と薬指にしっかり力をつけていきましょ

足裏の力がつけば下半身全体がキュッと上がるわよ!

しなやかな足首であぶら身を刺激する


足裏全体で床をつかむようにふんばると、ふくらはぎ、太ももにしっかり力が入って、お尻の筋肉でググッと盛り上がるのがわかるでしょ。

ここから、もうひと息! もう少し足指を開いて、すみずみまで使ってふんばってみて!

「えっ! 私の下半身って、こんなにきれいな筋肉があったの?」と驚くはずよ。

お腹も触ってごらんなさい。あぶら身の奥に隠れていた腹筋が、コルセットのようにピシーッと巻きついているでしょう! こんなに健気な腹筋のほとんどを、あぶら身にしてしまったのはあなたよ。少しずつ、育て直していくのよ。

さて、あなたは「足」と「脚」の違いがわかるかしら。

「足」はつま先から足首まで、「脚」は足首から股関節までを指すのよ。

足指1本1本からつながった「足」の筋肉をじん帯でまとめて「脚」へつなげる働きをするのが、足首なの。

この足首が硬いと、ひざや腰に負担がかかって、筋肉が正しく使われなくなる。

さっきふんばったとき、イマイチ筋肉のつながりを感じられなかった人は、床にかかとをつけたまましゃがむ動作もつらいのでは?

最近は和式トイレで用を足せない人が増えているそうだから、老若男女問わず、足首を使わずに弱らせている傾向にありそうね。

年齢に関係なく、美しく立ち、大股でさっそうと歩く人は、脚とお尻の筋肉が正しく使われているから、下半身がすっきりしている。

そのカギが、足指の力と、しなやかに動く足首なのよ。

いくら足指の力を育てても足首の動きが硬いと、脚へつながりにくくなってしまうの。

足首は、じっくり回すことでしなやかさを取り戻せるけれど、ここで大事なことを言うわよ。

足首を回すときは、手の力で、ぐるぐると回しては無意味!

脚へのつながりを感じながら、足首の力でじ〜っくり回すこと。

手はあくまでもお手伝い。そうすることで、ひざと股関節も同時に動くから、下半身から筋肉が育っていくのよ。

毎日できる体操:足首の力をつける


毎日できるきくち体操!足指の間に手指を入れ足首の力でゆっくり大きな円を描こう


1 足指の間に手指を入れ足首の力でゆっくり大きな円を描く


◎POINT

背すじを伸ばす

ひざを伸ばす

手足の指の力を抜く

手はお手伝い

足首の力で回す

10秒で1 回転くらい

◎アドバイス

そのビリビリは脚のあちこちの弱らせてしまった筋肉の叫びよ!しっかり感じ取りなさい!

ある日のお風呂あがり

ただ動かしても何の意味もないわ!


監修=菊池和子、マンガ=熊野チコ/『40代から始めよう! あぶら身をごっそり落とすきくち体操』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //