なぜ?夏休みが近づいたある日、突然脱走した問題児の友人/母さんがどんなに僕を嫌いでも(6)

#趣味 
あと数日で夏休みというある日、施設の問題児が脱走して…

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』6回【全8回】


大人になってから「これは子どもの頃に体験した影響かもしれない…」と感じることはありませんか?
『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の著者・歌川たいじさんは、複雑な家庭環境、母からの暴力、学校での孤立…そんな自身の過去にさいなまれ、大人になってからの行動にも影を落としていたそうです。それでも、分かりあえる人との出会いや気づきから、今できることから未来を変えていこうと歌川さんは前向きに生きていく選択をしたといいます。

2018年秋には映画化もされ、たくさんの人の感動を呼んだ『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(KADOKAWA)から、「夏休みが近づいたある日、施設の問題児が突然の脱走!」をお送りします。
生きていくうえで、人との関わりが辛い経験になることもありますが、「救い」となるような優しい人との出会いによって人生を変えていくことができる、と感じられる作品です。

※本作品は歌川たいじ著の書籍『母さんがどんなに僕を嫌いでも』から一部抜粋・編集しました

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //