【お弁当レシピ】甘酸っぱいケチャップだれでご飯が進む「とりつくねのケチャップ炒め」 画像(1/3) 甘酢っぱいケチャップだれがよくからむ
甘酢っぱいケチャップだれがよくからむ

調理=石原洋子 撮影=千葉充

夕飯のおかずにはもちろん、お弁当ビギナーにもおすすめの一品です。肉だねさえ作れば、あとはフライパンで焼いて炒めるだけ。肉と野菜が一緒にとれるうえ、甘酸っぱいケチャップ味でご飯が進むこと間違いなし!


【とりつくねのケチャップ炒め】(1人分387Kcal、塩分3.1g、調理時間15分)


<材料・2人分>肉だね(とりひき肉200g、溶き卵1個分、長ねぎのみじん切り大さじ2、おろししょうが小さじ1、片栗粉大さじ2、酒大さじ1、塩小さじ1/3、水大さじ1)、ピーマン1個

、玉ねぎ1/4個、しいたけ3枚、ケチャップだれ(トマトケチャップ大さじ2、砂糖・しょうゆ各大さじ1、酢小さじ2、片栗粉小さじ1、水1/4カップ)、サラダ油


<作り方>

1.ピーマンは縦半分に切ってから乱切りにする。玉ねぎは縦半分に切ってから長さを半分に切る。しいたけは縦横半分に切る。

2.ボウルに肉だねの材料を入れて粘りが出るまで練り混ぜる。フライパンに油大さじ1/2を中火で熱し、肉だねをスプーンで1/10量ずつすくって並べ入れる。弱めの中火にし、焼き色がつくまで2~3分焼いて上下を返し、さらに約3分焼いていったん取り出す。

3.フライパンをきれいにし、油大さじ1を中火で熱する。1を入れて強めの中火で炒め、油がまわったらケチャップだれの材料を混ぜて加える。煮立てながら混ぜてとろみをつけ、2を戻し入れてざっとからめる。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】