禁断の愛が再び!?社会現象を巻き起こした連続ドラマ「昼顔」が遂に映画化!
会うことも禁じられていた2人だったが…。

©2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

2014年夏に放送された連続ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」。毎週、ドキドキハラハラしながら息をつめて見ていた人も多いのでは? お互いに結婚していながら道ならぬ恋に落ちてしまった主人公・紗和(上戸彩)と北野(斎藤工)。その関係がいつしか明るみになり、愛し合いながらも別れざるを得なかった2人。紗和は夫とも別れ1人になる道を選びました。映画『昼顔』は、それから3年後を描いています。運命のいたずらか、再び巡り会ってしまった2人は逢瀬を重ねるようになり、物語は衝撃のラストへ……。

メガホンをとるのは、『容疑者Xの献身』など数々の作品でその演出力を高く評価された西谷弘。さらに井上由美子が脚本を手がけ、音楽を菅野祐吾が担当するなどドラマスタッフが再び集結。北野の妻・乃里子(伊藤歩)も続投、紗和が務めるレストランのオーナー役で平山浩行が初登場するなど、ドラマ版のファンはもちろん、ドラマを見ていなかった人も楽しめる内容。ぜひ映画館に足を運んで、美しくも切ない、禁断の愛の世界にしばし浸ってはいかが?

©2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】