シンプルソテーをしっとり焼きたい! 「豚肉のしょうが焼き」/今日から料理を始める人の61レシピ(6)

#食 
しょうがだれはほんのりにんにくを加え、パンチをきかせて

『今日から料理を始める人の61レシピ』6回【全6回】


失敗ゼロ!? 最新の調理法で、だれでも「料理上手」になれる!

料理ビギナーさんが失敗する原因と傾向を知り尽くした著者・小田真規子さんが、初めてでもおいしく作れる新たな調理法を考案。炒めもの、煮もの、揚げもの、パスタ、うどん、ソテー、サラダ、ちょっとしたおもてなしメニューなど、日々のごはん作りをサポートするのが『今日から料理を始める人の61レシピ』です。

ビギナー向けでありながら、マスターすれば「一生モノ」の料理ワザが身につく本書から、日々のお料理にきっと役立つレシピをご紹介します。今回は『豚肉のしょうが焼き』です!

※本記事は小田真規子著の書籍『今日から料理を始める人の61レシピ』から一部抜粋・編集しました。

※電子レンジは600Wが基準。500Wなら1.2倍、700Wなら0.9倍の時間を目安に加熱してください。
※電子レンジ調理では、特に表記がない場合、耐熱ボウルは直径20cm、耐熱皿は直径25cmのものを使用しています。

魚、肉ははんぱ焼きでしっとり!

シンプルなソテーがパサパサ&かたくなってしまうのは火を通し過ぎるから。
片面をしっかり焼いてから上下を返せば、先に焼いた面からの余熱も手伝い、短い時間でも充分に火が通ります。小麦粉をふると、熱の当たりがやわらぎ、うまみを閉じ込めるので、仕上がりがしっとり! 調味料がよくからみます。

1 肉はパックの中で小麦粉をふる。

肉はパックの中で小麦粉をふる。

・小麦粉は片面だけ。からめなくてOK!

2 なるべく小麦粉の面を下にして入れ、片面をしっかり焼く。

なるべく小麦粉の面を下にして入れ、片面をしっかり焼く。

・少し重なるくらいのほうが蒸気がこもりやわらかくなる

3 上下を返したら中央をあけ、調味料を加える。

上下を返したら中央をあけ、調味料を加える。

・調味料は少し煮立て、水分が減ってから混ぜる

豚肉のしょうが焼き

しょうがだれはほんのりにんにくを加え、パンチをきかせて

◆材料(2人分)
豚肩ロース薄切り肉 250g
キャベツ 適量(くし形切りにする)
しょうがだれ(混ぜておく)
 おろししょうが 大さじ1 1/3
 おろしにんにく 小さじ1
 しょうゆ 大さじ2
 砂糖、水 各大さじ1
小麦粉
サラダ油

◆作り方
1 豚肉はパックの中でざっと小麦粉小さじ1をふる(からめない)。

2 フライパンに油小さじ2を中火で熱し、豚肉を小麦粉をつけた面を下にして入れ、そのまま2~3分焼く。
【memo】動かさないこと!

3 上下を返して中央をあけ、しょうがだれを加える。煮立ったら肉に1~2分からめる。器に盛り、キャベツを添える。
【memo】煮立てると香りと味わいが凝縮する

著=小田真規子/『今日から料理を始める人の61レシピ』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //