シャキシャキ食感と甘辛味でご飯がすすむ!「棒れんこんと豚バラのオイスター炒め」

#食 

10月後半から一気に肌寒くなり、本格的に秋らしくなってきた今日この頃。秋といえば、やっぱり食欲の秋ですよね。過ごしやすい気候で食も進み、おいしいものを楽しむ余裕もでてきます。

そんな秋の旬野菜の1つ「れんこん」。形状的になんとなく輪切りにして使うことが多いですが、実はこれ、縦に切るとよりシャキシャキ食感が楽しめるようです!

『3分クッキング』11月号の特集「旬を楽しむ!秋野菜たっぷりおかず」で紹介されていた「棒れんこんと豚バラのオイスター炒め」にとても興味を引かれました。れんこんを棒状に切ったことってあまりない……。味付けも濃いめでご飯のおかずにも良さそうです。早速、作ってみることにしました。

棒状に切ってシャキシャキ感アップ
「棒れんこんと豚バラのオイスター炒め」

棒状に切ってシャキシャキ感アップ「棒れんこんと豚バラのオイスター炒め」

材料(4人分)
れんこん…2節(400g)
豚バラ肉(薄切り)…250g
 (塩小さじ1/4 粗びき黒こしょう少々)
合わせ調味料
・オイスターソース、酒…各大さじ2
・しょうゆ…小さじ1/2
万能ねぎの小口切り…適量
●ごま油

作り方
1 れんこんは皮をむき、6cm長さ、1cm角の棒状に切り、さっと水にさらして水気をきる。豚肉は6~7cm幅に切り、塩、こしょうをふる。合わせ調味料の材料は混ぜる。

2 フライパンにごま油大さじ1/2を強めの中火で熱し、れんこんを入れる。こんがりとするまで3~4分動かさずに焼きつけたら、透き通るまで炒めていったんとり出す。

3 フライパンにごま油大さじ1/2を足し、豚肉を炒める。肉の色が変わったられんこんを戻し入れ、合わせ調味料を加えて炒め合わせ、器に盛り、万能ねぎをのせる。

* * *

豚バラ肉とオイスターソースでこってりめですが、シャキシャキ食感のれんこんが入ることでくどくなりすぎず、ご飯のおかずにぴったりの塩梅に。甘辛味がたまりません! オイスターソースがあると、少ない調味料でも味がしっかり決まるのがありがたいですね。この棒状れんこんもいろんな炒め物に活用できそうです。家族も「また食べたい!」と言ってくれました。この秋の定番おかず決定です。

調理、文=月乃雫

この記事に共感したら

Information

れんこん、ごぼう…秋野菜たっぷりおかず
大特集は「旬を楽しむ!秋野菜たっぷりおかず」。れんこん、ごぼう、里芋、かぶ。4つの野菜別に、秋の新定番おかずをご提案します。カレーじょうゆ味で食べるれんこんのはさみ焼きや、中華風の揚げごぼう、里芋の肉じゃが風など、肉や魚介と合わせた主菜はもちろん、パパッとできるシンプル副菜も。ごはんがすすむ、秋ならではのおかずをお楽しみください。
第2特集は「ちくわ徹底活用」。良質なたんぱく源としても注目されるちくわが、焼いて、煮て、生で、揚げて…多彩なおかずに大変身します。
好評連載「飛田和緒さんのひだめしの素」は「油揚げの甘煮」、「Mizukiのやみつき懐かしスイーツ」は「濃厚かぼちゃプリン」です。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //