大事なのは謙虚な姿勢を持つこと/2022年「六白金星」の人の運勢

#くらし 
今まで努力してきたことが形になってくる年


新型コロナウイルス感染拡大や、緊急事態宣言の中のオリンピック・パラリンピック開催など、激動の日々だった2021年。
変化し続ける状況と先の見えない不安に気持ちが揺れ動く日々を過ごした人も多いのではないでしょうか。

来る2022年に向けて、どんな心持ちで備えれば良いのかを、「社会運勢学」の第一人者・村山幸徳先生の『展望と開運2022』から読み解いていきましょう。
2022年のバイオリズムと家庭運を中心にご紹介いたします。

生まれ年から本命星を探す

生まれ年から本命星を探す

個人の運勢(下の記事)は、自分の生まれ年に巡っていた九星の本命星で見ます。年の変わり目は節分とし、2月3日生まれまでは前年で見ます。


「六白金星」2022年のバイオリズム

六白金星の2022年のバイオリズム

周囲には巨大な宇宙のパワーが満ちている。六白金星にとって、2022年は今まで努力してきたことが形になってくる年だ。実力以上の大きな成果を手にする人も現れるだろう。この状態を長く維持するには、それなりの人間性が求められる。大事なのは謙虚な姿勢を持つこと。そうすれば宇宙が強力な後ろ盾となり、六白金星を支えてくれることだろう。

ただし3月は運気の谷間に入るから、年初から飛ばしすぎるとつまずくことになる。12月にも運勢が落ちるので、大事な案件は翌年まで持ち越さず、年内には目途をつけたほうがいい。

「六白金星」家庭と健康

二〇二一年はまことに忙しい一年だった。人生が大きく進展したかと言えば、そうでもない。だけど、周囲からいろいろと依頼を受けたり、足元に様々な取るに足らない問題が転がり、その処理で予想外に時間を取られたり。自然と帰宅の時間は遅くなった。リモートワークが進んだとはいえ家にいるからこそ、いつまでも長々と仕事をしてしまう。こうした事情から、あまり家族との思い出はつくれなかっただろう。

二〇二二年は怒濤(どとう)の忙しさとなる。充実感いっぱいで駆け回るように生きる六白金星も多いけれど、本当の人生の果実は家庭にあるのではなかったか。家族で安泰に暮らし、子供の成長を見守る。こうした当たり前の営みの中に、自身が命を燃やす理由があるはずだ。目的を忘れて全力疾走するだけではゴールにはたどり着けない。生命の基盤である家庭にもしっかりと光を当てる一年としよう。

忙しい毎日の中でもときおり休みをとり、子供とキャンプに出かける。天体観測なんて最高だと思う。一一月には好条件で皆既月食が見られそうだ。ぜひ、家族で宇宙の神秘的な現象を楽しまれたらいい。三月、一二月の運勢の谷間には、夫婦で過ごす時間を増やしたい。二人でグラスを傾け、ここまでの歩みをねぎらってみたい。

健康的にはかなり踏ん張りが利く一年だ。自信を持っていいと思う。かなりハードスケジュールとなるだろうけれど、まずは身体への不安を払拭すること。心臓などの循環器系に不安を持つ人は過信しないこと。飛行機での長時間の移動ではエコノミークラス症候群に注意。

著=村山幸徳/『展望と開運2022』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //