常備食材だけでアッという間に作れちゃう「豆腐とわかめのチャンプルー」/一生ものの副菜(4)

#食 
じんわりおいしくて、箸が進みます

『あるもので「もう1品」作れるようになる 一生ものの副菜』 4回【全5回】

もう副菜に迷わない!

「メインは決まっても、もう1品に迷う」「サブおかずはいつも生野菜にドレッシングで自分も家族も飽き飽き」。そんなお悩みを持つ人も多いのでは?

料理研究家の著者・高山かづえさんは、日々料理を作らなければならない人に寄り添うレシピを提案。「もう1品」に悩む人に、考えすぎずに作れるレシピを提案しています。簡単なステップで毎日無理なく作れる気のきいたレシピは、おうちごはんが充実すること間違いなし!

一生使い続けられる副菜レシピの決定版『あるもので「もう1品」作れるようになる 一生ものの副菜』から、絶対役立つレシピをお送りします。

※本記事は高山かづえ著の書籍『あるもので「もう1品」作れるようになる 一生ものの副菜』から一部抜粋・編集しました

豆腐とわかめのチャンプルー

〔材料〕2人分
もめん豆腐 …… 小1丁(約200g)
カットわかめ …… 大さじ2(約4g)
にんにく …… 1/2片
ごま油 …… 大さじ1
塩 …… 小さじ1/4
酒 …… 大さじ1
粗びき黒こしょう …… 少々

〔作り方〕
1 わかめは水でもどして水けを絞る。豆腐は水けを拭き、一口大にちぎる。にんにくは粗く刻む。

2 フライパンにごま油、にんにくを入れて中火にかけ、香りが立つまで炒める。豆腐を加え、塩をふり、焼きつけながら約3分炒める。

3 酒を回し入れてさっと炒め、わかめを加え、さっと炒め合わせる。器に盛り、黒こしょうをふる。

地味においしくて、箸が進みます。豆腐の炒めものは、炒めるときに混ぜ過ぎると、豆腐がくずれて水分が出てきてしまいます。豆腐の水けは最初にペーパータオルでしっかり拭き、こんがりとした焼き色をつけながら炒めると、ベチャッとしません。

著=高山かづえ/『あるもので「もう1品」作れるようになる 一生ものの副菜』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //