チーズや卵を漬けるだけで酒の肴ができちゃう⁉ オイスターソース活用レシピ「漬け床」

#食 
オイスターソース活用レシピ「漬け床」

中華料理に欠かせないオイスターソースですが、実は和食や洋食にも使えるってご存じでしたか? かきの濃厚なうまみのおかげで、簡単に料理上手感を演出できちゃうんです。ついつい余らせがちなオイスターソースの意外な使い方をお届けします。

今回は、チーズや卵をオイスターソースに漬けるだけで失敗知らずの酒の肴が完成します!

教えてくれたのは▷五十嵐ゆかりさん

五十嵐ゆかりさん

料理研究家、管理栄養士。身近な材料で気軽に作れる「ラク速レシピ」がTwitter(@igarashi_yukari)などで大人気。

オイスターソースは万能調味料!

かきのエキスを使った、うまみもコクも濃厚なソース。味つけの主役にも、料理を引き立てるかくし味にもなるすぐれもの! 加熱してもそのままでもおいしく食べられます。

漬け床になっちゃいます


オイスターソースをポリ袋に入れて

オイスターソースをポリ袋に入れて

ゆで卵とチーズをなじませたら冷蔵室で3時間〜一晩おくだけ

ゆで卵とチーズを入れる

プロセスチーズ3個と半熟ゆで卵3個に、オイスターソース大さじ3が目安。好みでおろしにんにく小さじ1/2を加えると、さらに風味がよくなります。

冷蔵庫で3時間~一晩おくだけ


*  *  *

小粋な酒の肴が実働ほぼゼロで完成します。分量が覚えやすいのもいいですね!

調理/五十嵐ゆかり 撮影/宗田育子 スタイリング/なかざわひろ美 栄養計算/スタジオ食 編集協力/singt

【レタスクラブ編集部】

この記事に共感したら

Information

<レタスクラブ’22年2月号より>

レタスクラブ公式YouTubeもチェック!



雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’22 2月号』情報はこちらから▼

手間なしグラタン&ドリア/とろ生チョコスイーツがおうちでできた/忙しい人のゆる腸活/意外と知らない今どきの花粉症の正解/家じゅうの壁や側面は、まだまだ収納に使える!/【別冊付録】「ずぼらヨガ 」

おすすめ読みもの(PR)