簡単に、誰でも失敗なく作れる「オリジナルマフィン」/Mizukiさんのとっておきのお菓子(1)

#食 

おうちでおいしいお菓子を作りたいけど、
お菓子作りは少しハードルが高そう…と思っていませんか?

身近な材料で、簡単に、誰でも失敗なく作れる、
そんな素敵なお菓子レシピが満載の『簡単なのに、自慢できる Mizukiの 家にある材料で作るとっておきのお菓子』から、
人気料理研究家、Mizukiさんの5つのお菓子レシピをご紹介します。

今回は、【自分好みにアレンジできる、簡単マフィン】です。

クリームチーズのコクとまろやかさ、 酸味が奏でるおいしいハーモニー。 ベリーの季節には生のいちごや ブルーベリーもおススメ!


◆ベリーのクリームチーズマフィン


【材料・(口径7×高さ3.5㎝のマフィン型6個分)】
バター…50g
クリームチーズ…100g 
砂糖…60g
卵…2個 
牛乳…大さじ1

〈粉類〉
薄力粉…110g
ベーキングパウダー…5g 
冷凍ミックスベリー…70g

【下準備】
・ バターとクリームチーズは室温に戻す(または電子レンジを使用する)
・ 卵は室温に戻し、溶いておく。
・ マフィン型にグラシンカップ(※)を敷く。
・ オーブンを180℃(25 分)に予熱する。

※グラシンカップ、紙カップについて:
マフィン型に敷くグラシンカップのサイズは、底の直径、深さがマフィン型と同じものを選ぶときれいに焼き上がります。茶色のカップを使うと大人っぽいマフィンに。マフィン型がない場合は、紙カップを使います。

グラシンケース白8F(072400)200枚入 り258円、白5F(072397)216枚入り 174円、チョコ8F(072394)125枚入り 525円、チョコ5F(072391)125枚入り 344円 EUカップ茶(065699)1枚15.6円(100 枚以上)


【作り方】
~生地を作る~

1.ボウルにバターとクリームチーズを入れて泡立て器で混ぜてなめらかにし、砂糖を加えてすり混ぜる。

〈Point〉バターとクリームチーズのどちらかを生地を作るボウルに入れて計量すると洗いものも少なく作業がスムーズに。


2.卵を少しずつ加えて混ぜ、続けて牛乳も加えて混ぜる。

〈Point〉卵は大さじ1くらいずつ加え、完全に混ざったらまた少し加えて。これを6~8回くり返す。卵が室温に戻っていないと分離するので注意。


3.粉類をふるい入れる。

〈Point〉小さなボウルで計量しておいた粉類を粉ふるいに移してふるい入れる。ふるうとダマにならず、生地に空気が入ってふんわり焼ける。


4.ゴムべらで粉っぽさがなくなるまで、さっくり混ぜる。

〈Point〉ゴムべらを奥から手前に引いて生地をすくい、手前の底から返すことをくり返す。練らないように。


☆手早く作るPOINT:粉類の計量はスケールの上で

粉類は直径13cm程度のボウルをスケールにのせて計量。薄力粉を量ったらベーキングパウダーもその上に加えて量ればOK。粉ふるいにさっと移せてふるい入れるのもスムーズ。

【画像を見る】POINTも押さえておけばもっと効率アップ!


~型に入れる~

5.型の九分目までおたまで生地を入れる。


6.型を10cmくらい持ち上げ、台に1回トンと落として空気を抜く。


7.冷凍ベリーを凍ったままのせて、180℃のオーブンで25分焼く。


8.焼けたら粗熱をとり、竹串で型から取り出す。


同じ生地でアレンジ


◆アーモンドクリームチーズマフィン

生地を型に入れ、アーモンドスライス20gを6等分してのせて焼く。

アーモンド クリームチーズ マフィン


◆はちみつレモンクリームチーズマフィン

生地を型に入れ、はちみつレモンのレモンを1枚ずつのせて焼く。

はちみつレモン クリームチーズ マフィン

☆はちみつレモンの作り方:

レモンの薄切り(3mm厚さ・1/2個分)6枚を容器に入れ、はちみつ大さじ1・1/2をかけて3時間以上漬ける。

はちみつレモンのいい香り。


著=Mizuki/『簡単なのに、自慢できる Mizukiの 家にある材料で作るとっておきのお菓子』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

Information

おすすめ読みもの(PR)