アボカドや切り干し大根にも合う! 少し余った食材にキムチをプラスしてゆる~く腸活

#食 
強い乳酸菌が腸に届く!

善玉菌を増やしてくれる発酵食品のキムチ。具材をちょい足しすると、ほかの栄養素も加わってパワーがアップし、味に変化がついて飽きずにおいしく食べられます。

今回は、キムチに食材をちょい足しする腸活レシピをご紹介! キムチの強い乳酸菌が腸に届きます。

キムチ+アボカド

+アボカド

アボカドは食物繊維と、善玉菌を増やす脂質が豊富

[ 材料(1人分)と作り方 ]*1人分76kcal/塩分1.5g
アボカド1/4個は1.5cm角に切り、白菜キムチ50gとあえる。

キムチ+モッツァレラチーズ

+モッツァレラチーズ

発酵食品仲間のチーズとも相性抜群です

[ 材料(1人分)と作り方 ]*1人分148kcal/塩分1.6g
モッツァレラチーズ50gを1.5cm角に切り、白菜キムチ50gとあえる。

キムチ+切り干し大根

+切り干し大根

キムチに足りないカルシウムが補えます

[ 材料(1人分)と作り方 ]*1人分45kcal/塩分1.5g
切り干し大根10gはぬるま湯でもどし、水けをしっかり絞ってざっくりと切る。白菜キムチ50gとあえ、器に盛り、白すりごま適量をふる。

キムチ+ミニトマト、青じそ

+ミニトマト、青じそ

ミニトマトと青じそのビタミンCが腸のぜん動運動をサポート

[ 材料(1人分)と作り方 ]*1人分29kcal/塩分1.5g
ミニトマト5個は半分に切って白菜キムチ50gとあえる。器に盛り、青じそのせん切り2枚分をのせる。

*  *  *

少し残ってしまった野菜やおかずにキムチをプラスするだけで「ゆる腸活」に! 食品を無駄にすることなく腸をより元気にできるとは、一石二鳥です。

調理/牛尾理恵 撮影/豊田朋子 スタイリング/河野亜紀 栄養計算/スタジオ食 編集協力/singt

【レタスクラブ編集部】

この記事に共感したら

Information

<レタスクラブ’22年2月号より>



雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’22 3月号』情報はこちらから▼

料理特集は「料理の手間をとことん省く!」。めんつゆを使えば味つけに迷わない、ひき肉で包丁を使わない、レンジで火を使わない…など、とことん手間を省いたレシピをご紹介しています。また、この時期旬の新玉ねぎレシピや、食パンで○○が作れちゃう!?驚きのレシピもご紹介。その他、献立の悩みから解放される!と話題の「献立カレンダーBOOK」や、にぎりっ娘。さんの「頑張らないお弁当」特別ダイジェスト版など、読み応えたっぷり!LETTUCE MEETSには小澤征悦さんが登場!オトナのNEWS連載には加藤シゲアキさんが。コミックエッセイも多数!レタスクラブ3月号をぜひお楽しみください。

おすすめ読みもの(PR)